読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モカの日記

誰かに気を遣うことのない、思ったことをそのまま書いてみるところ。

実写 銀魂がますます不安だ💧

映画を見る

昨日、実写 斉木楠雄の災難(サイが出ないけどもういいや)の特報映像が解禁されて、楠雄と燃堂以外のキャスト情報がでた。

 

うーどうなのこれ?

新井浩文以外に橋本環奈と吉沢亮、そしてムロツヨシとこんなに銀魂とキャスト被ってるじゃん💧

ひねろうよ!

 

まあ、ムロツヨシは仕方ないとして、こういう癖のある作風の人でファミリー固めちゃうの面白いの?

マンガの実写化なんて、キャストでぜったいにアレコレ言われるんだから、こういう露骨なのはやめてほしい。

 

他の作品なら別にふーん、て感じだし、斉木楠雄もどうでもいいんだけど、銀魂はゆるせんのよ!ファンだから!(笑)

 

ただでさえキャストのビジュアルが加工した感丸出しで

「あー‥‥‥💧」

って感じなのに

同じジャンプで同じ監督で、吉沢亮の沖田なんてビジュアル出たのこの前なのに被せないで。

 

あーお金払いたくないよー!

どうしようかなー。

 

追記

すっかり忘れてたが佐藤二朗銀魂出てるんだった。被りすぎ。

福田組っていうのはわかるけど、基本全部同じテイストでやってるし、もういいよ。

佐江内氏のムロツヨシはなんかもう、ね‥‥。

あー、カルテット見れなかった〜💦

ドラマ、俳優さんのこと

めずらしく、月曜火曜と続けて飲み会がはいっていて、そして月曜火曜ともに帰って寝落ちした‥‥‥。

 

さすがに支度するのが精一杯で、朝カルテット9話を見る余裕はなかった。

あああー8話があの終わり方なのに〜💦

 

今日は、気をつけないと‼︎

ツイッターは極力見ない、ネットニュースも気を抜くとタイトルでネタバレしてくるからなー💧

せめて、タイトルではわからないようにしてよー。

 

頑張って一日ネタバレ回避しないと!

あー、やっぱり北川悦吏子キライだわ

ドラマ、俳優さんのこと

週末、ツイッターでフォローしてるドラマ好きの人たちがざわついてたので何だろう?とみていたんだけど、大元にたどり着く前、その人たちのツイッターの内容で誰の話かわかっちゃったよ。

 

月曜にはもうまとめやネットニュースになってる、北川悦吏子ツイッターでの情報提供求むについてのことですね。

個人ブログとはいえ、多少なりとも他人の目に触れるところでこういうこと書くのもどうかと思いつつも、だいぶ気持ち悪かったので書く。

 

こういうプロ意識のないやつ大嫌いなんだよな!

 

そもそもそんなにこの人のドラマ見てるわけじゃない。

全盛期のたくさんのドラマ、ほとんどが見始めても2〜3話で脱落してた。

面白いと思えなかった。

まあ、それはいい。それは合わないだけだし、見なきゃいいだけだ。

彼女の脚本を好む人がたくさんいるのは事実だし、それが悪いとは思わない。

 

覚えてる限り、だいたい全部見たのは「あすなろ白書」「君といた夏」「愛していると言ってくれ」あたりか。

原作ありの「あすなろ白書」はともかく、それ以外の2つは面白くてみていたわけじゃなかった。

筒井道隆豊川悦司が見たかっただけだ。

とくに豊川悦司は初のゴールデンの主演だったので、すごーく一生懸命見てた。

けれど、ドラマは好きじゃなかった。

 

常盤貴子演じるヒロインがどうにも好きになれなかった。常盤貴子は好きな女優さんだったのに。

とにかく自分中心なキャラで、1人で勝手にやらかしたことに罪悪感を感じて「こんな私ダメよ!」と悲劇のヒロインぶって、でもやっぱりーって戻ってきて、まわりに全部気を持たせて引っ掻き回す。

めっちゃイラつく。

豊川悦司があまりに素敵で、それを見るために我慢していたが、ヒロインに1ミリも共感できなかった。

 

「君のいた夏」のヒロインもだけど、あくまでも私が見た範囲、北川悦吏子作品のヒロインはそういうタイプが多い印象だった。

恋愛ドラマを12話引っ張って盛り上げるには、そうでもしないともたないのかもしれないが、ヒロインに魅力を感じないのだから、そもそも面白くは思えない。

だからそのうちこの人の脚本だと見なくなった。

 

ある時何かでよんだエッセイで、どうも本人もそういうタイプのようだと思って納得した。

書き手の人となりってどうしても作品に出てしまう。

私の受け付けないヒロイン像は脚本家本人が反映されているようだ。

エッセイなどを見て、いっぱしなことを言うくせに土壇場で女の子に逃げる人だなと思った。

『女』ではなく『女の子』、そこポイント。

『女』ならいいのだ。それは勝負してるから。

『女の子』っていうのは、偉そうなこと言っておいて、いざという時は庇護対象に逃げるのだ。

私は可愛くてか弱い存在だから責任ないんですよー、と。

最初からそれならそれでいいのだけど、主張だけはするからタチ悪い。

現実にそういう人はたくさんいるし、現実世界ではそれも生きるテクニックだから別に腹も立たない。

でも、クリエイターとしてそれをやる、創作キャラをそういう性格づけをする、それはウンザリだなと思った。

何でそんなものワザワザ見なくてはならんのか?

というわけで、それ以降この人の脚本の物は見ていない。

娯楽なんだから無理に関わる必要ないし。

 

で先日、次の次の次(かな?)の朝ドラが北川悦吏子脚本と発表されて、「あーまあ見ないな」とぼんやり思っていた。

触らなきゃいいのだ。

でもねー、一般人が容易に目に出来る所に騒動まき散らかすのやめてくれないかな⁉︎

 

ヒロインが71年生まれの設定ということで、その前後の年齢の人にアンケートと称して、学校帰りに寄り道したお店はなにがあったか?とかヒロインの相手役が動物なに飼ってたらもえるか(犬猫は撮影が大変だからパス)だとかいうようなことを延々と。

挙句「時間ない!ツイッターで集めないと書けない!」とか、

馬鹿じゃないの⁉︎

じゃあ降りろ!と返信してやろうかと思ったよ。

多分実際した人もいるだろうけど。

 

そもそも、この人はネットの扱いが全く分かってない。

以前もツイッターで炎上騒動があったそうだけど、学習しないのか?

昨今問題になってる案件だけど、現状ネットで得た情報は100%信用していいものじゃない。

仮にもメディアで仕事をしている、それも大ベテランが大々的にそういういい加減な情報を元に仕事してますよーってアピールしてどうするんだ。

責任のない一般人があやふやな記憶で書いた返信の精度ってどんなものなんだよ?

悪意で適当なことを書く人間だっていなくもない。

それに、ヒロインの相手役を「日本で1番美しい少年です」みたいなことを書いてたけど、

どの業界でも問題になるのがSNSの不用意な使用による情報流出だ。このまま調子乗ってアレコレ書きそうだけど、自分の立場わかってる?

炎上商法ねらってるのでは?という見方をしていた人がいたけど、だとしたら限りなく下品だ。

 

それにだ、何より情報をタダで得ようというのが1番気に食わない。

こういう形のないものはネットでタダで手に入るのが当然、今の10代20代はそんな感覚だろう。

それをたとえば音楽業界や出版業界が「それは違うんだ。対価を払わないと文化は育たないんだ」と一生懸命活動している。

ラジオでCMいれたりとかね。

 

それを、その業界の大ベテランがタダで楽して得ようとしている。

その馬鹿さ加減がウンザリする。

自分はもう安泰だからいいのか?

業界どうなろうが知ったことじゃないのか?

それともそんなことも気づかないくらい馬鹿なのか?

 

私はネット自体も否定しないし、情報得るのにすごく便利だと思ってるけど、対価を払うべき所にはちゃんと払うよ。

それがちゃんとした社会人としてやる事だと思っているし、回り回って自分や自分のいる業界のためだと思っているから。

 

もうぜったいにその朝ドラは見ない。

‥‥今怖いのは、出ないでよー星野源!ということだ(笑)

朝ドラオファーの噂もあるから気が気じゃないよ💧

 

そして、こういう内容だと熱く書いてしまう自分がダメだなぁと思うよ💧

ちっさい人間だ。

逃げるは恥だが役に立つ 最終巻読んだ!

ドラマ、俳優さんのこと 逃げるは恥だが役に立つ

いや、お酒入ってたので帰ってすぐさま寝落ちして、

朝早く目が覚めたので、お風呂入りながら読みましたけどね(笑)

夜ゆっくり読みたかったー。

 

ドラマのラストが、思った以上にちゃんと原作をちゃんと回収していて、

「あー、これは続編ないかなー」

と思った。

そして、野木亜紀子という脚本家は本当に上手いなと思った。

 

「重版出来」も「逃げるは恥だが役に立つ」もドラマ先で原作読んだので、原作からの人とはまた感想が違うかとは思うけど、

原作の核をつかんで、ドラマとして見せるためのふくらませ方が本当に上手い。

実は原作と逆にしているところなんかもあるのに違和感がない。

プロの仕事だなー。

 

ちょっとネタバレだけど、百合ちゃんのこのセリフが身にしみた。

 

「話をきいてもらわなくてもいいの

誰かとどうでもいい話をして 笑って それだけで 心が休まるのよ」

 

あー、わかるよー💧

このブログもそのためにやっているのだー。

 

関係ないけど、「あきこ」みたいに「子」の前の2音を漢字2文字で表す名前は素敵だなと思うのだけど、字を間違えやすいから気をつけないと。

知り合いでも「あき子」さんが何人かいるのだけど、いつも考えてしまう。

逃げる恥だが役に立つ 最終巻 げっとー

今日の出来事 逃げるは恥だが役に立つ

今日は5時からお客様と打ち合わせ、そのあとそのまま食事会の予定で、

ああ、最終巻買いに行く時間ない‥‥💧と思っていたけれど、

6時少し前に打ち合わせが終わり、

「お店は7時に予約してるので、6時45分ぐらいに集まりましょう」と言われた。

 

荷物を置きに会社に戻り、片づけしてからきがついた。

定時は6時、ってことは本屋行って来れる?

結局時間ギリギリには戻れるだろうと、小雨の中、小走りに最寄りの本屋へ。

ダッシュで戻り、集合時間ギリギリで戻ってきた。

やたー‼︎

 

自分でも思うけど、変なとこ執念深い。

でもこれで今夜読める!

今日はオールナイトニッポン、お休みだからちょうどいいな!

書きたいことが追いつかない💦

ふと思ったこと

他人からしたらどーでもいいうえに、オチもない話だけど、書きたいことがたくさんある。

‥‥のだけれど、書くのが追いつかないんだー!

もうこのところ、本やマンガを読む時間もテレビ見る時間もがっくり減ってるのに。

 

あああー。

ストレス解消に始めたブログで別のストレス発生。

ダメだなー。

先週も星野源ネタいろいろございました

星野源

全部木曜日、「命短かし歩けよ乙女」の試写会があるなーと思ったら

終わった直後ネットニュースに上がり、その日のニュースゼロで取り上げられ、それもまたネットニュースに。

金曜のめざまし、スッキリも土曜のブランチも同様の流れ。

律儀に取材相手ごとに違うエピソードを話すので、それぞれ別記事に。

 

いやー星野源って芸能人なんだなーと感心してしまった(笑)

いや、ニワカファンが言うのもなんだけど、星野源がそういうど真ん中な芸能人って感じがしてなくて。

 

確かに逃げ恥が話題になってから、何かあったりとか、ラジオの話とかすぐさまネットニュースに上がるし、そういう気配はあったんだけど。

あまりプライベートは関わられることのない、アーティスト寄りの立ち位置だと思っていたけど、大手事務所に所属してゴールデンの連ドラで主役級の役をやってヒットしてブームになるってこういうことなんだなーと、今更思いました。

 

自分としてはドラマ見たいけど、当分無理そうかー。

大変そう。がんばれー。