読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モカの日記

誰かに気を遣うことのない、思ったことをそのまま書いてみるところ。

「やすらぎの郷」 第2週 まさにギャルゲー(笑)

第1週、石坂浩二演じる主人公の菊村栄がやすらぎの郷に入居する経緯の説明と主な登場人物の紹介でほぼ終了。

それでも面白かったのに、さて第2週はどんな展開になるのか楽しみに視聴。

 

どなたかが「老人のギャルゲー」と書いてましたが、確かにそうだ(笑)

主人公が脚本家なのに対し、その他の登場人物はほとんどが俳優。

そのため何かを作りたい俳優たち、特に女優たちが主人公の取り合いになる。

主人公に倉本聰を反映させてるのもあるだろうけと、上手い設定だ。

往年の美人女優たちが「せんせ、せんせ」と交代でやってきて、あの手この手で自分に脚本を書けとせまってくる。

それが女優として求められたいだけでなく、女として見ろと言っているのは、主人公が過去に「女優に惚れないと書けない」と言っていたエピソードであきらか。

ほとんどラブコメだ(笑)

 

どの役も本人のキャラやイメージをベースにしたキャラクター設定なので、

「おいおーい!」と思わず突っ込むエピソード満載。

 

五月みどりのことを「色気はあるけど演技力は無い」と言わせたり

加賀まりこを「気が強くて男が続かない」と言ったり(しかも石坂浩二の心の声。このドラマの宣伝で加賀まりこが元カノだと知りました)

浅丘ルリ子を「化粧が濃いから」と評したり、

挙句石坂浩二に「鑑定教室って番組に出てらしたでしょ?」って、言うか?

 

倉本御大でもなきゃ許されない脚本。すげー。

演じてる人達はどうなのかしら?

案外楽しんでる感じもするけど。

まあ、これは倉本聰にしかできない、視聴者を食いつかせるテクニックなんだろう。

私くらいでこんだけ笑えるんだから、同世代の視聴者は楽しいだろうなー。

 

そんな中に、ザクッと辛辣な本音を突っ込んできて、倉本聰は本当に怖い。

まだ、大半の人は業界に未練があることとか、雲の上のお姫様のような伝説の女優が、実は生の欲望のある生身の人間だったのを暴いたり、

うっと刺さるとこがちょくちょく差し込まれる。

だから目が離せないんだけど。

 

そして中島みゆきの主題歌がすごーくいい!

中島みゆきの有名な曲っていうと、プロジェクトXのみたいな力強い歌唱のイメージだけど、

この曲はかなり若い時のサラッとした歌い方に近くて、なんか人生捨てたもんじゃ無い感がする。

しかし、歌声の変わらないひとだ。

 

さて、今週はどうなるのか?

帰って録画見るのが毎日の楽しみです。

 

追記

石坂浩二の役名が「栄」なので、みんなが「えーちゃん、えーちゃん」呼ぶのもすごいなーと思います(笑

 

豆苗食べました

土曜日コッソリ出勤しても仕事は終わらず、コッソリお持ち帰り。

日曜はおうちで仕事。

会社のほうが明らかにはかどるんだけど、うちの会社は土日出勤シフトの人間がいるので、コッソリといってもバレバレで、黙認して上には黙っててくれてるだけなのだ。

だから出来るだけ会社に行きたくない。

 

しかし、家には逃避のネタがいくらでもある💧

あんまりはかどらんかったなー、ヤバイ‥‥。

諦めて明日早目にいくかな?

まあ、無理なんだけど。

ダメダメだ。

 

1日こもっていたので食事はあるもので適当に。

先週からさすがに食べないと!と思っていた豆苗を炒める。

f:id:mokamaru:20170417002713j:image

もう、大変なことに(笑)

ニンニクとたかのつめで炒めるのが好きなんだけど、味付け失敗してしょっぱかった。

そして調理後の写真は忘れた(笑)

こんなんでも炒めたらちょっとになっちゃうし。

 

あー会社行きたくない。

眠いけど、寝るの怖い。

こどもか?

あああ〜「ひよっこ」第2週、泣ける〜💦

キャラ見せと状況説明の1週目が終わり、2週目は大きく話が動いた。

東京になんてまったく興味のなかったみね子が東京に出るキッカケ、父 実が失踪してしまう。

母 美代子か東京まで探しに出かけ、みね子も何かがあったのを感じつつも、美代子の帰りを待つ。

 

みんないいひとで一生懸命生きているのに、どうしてこうなってしまうのか?

1週目からチラチラと不穏な気配は出されてた。

1964年、高度成長期だけれども、地方の農家には恩恵はない。

みね子は18歳だから、現代では70過ぎ。

以前何かで読んだけど、今の専業農家は65歳以上がほとんどだとか。

農家を迷いなく継いだ最後の世代なんだね。

今から半世紀前にもう地方の農家の厳しさがちらほらと書かれてる。

50年経っても日本の農家を取り巻く状況は何にも改善していない。

谷田部家は仲良くてみんなにこにこしているように見えても抱えてる問題は大きい。

 

東京についた美代子。

どこにいっても「出稼ぎの失踪はよくあることだから」で済ませられてしまう。

宿舎のおかみさんも、赤坂署の受付の警官も本当に冷たい訳ではないんだろう。

あまりにも失踪者が多いから、現実に対応してくにはそうしていかないと自分がもたないから。

誰もがどんどん変わっていく東京についていくのが精一杯なのがすごく伝わってくる。

 

それでも、失意の美代子に優しい人達は沢山いる。
同郷だからと非番の時に探してくれるという若い警官。
そしてスズフリ亭の鈴子と省吾親子。

この時代は1、2度あっただけの人の事を本気で心配できるのが普通の事なんだなぁ。

スズフリ亭の親子が優しくていいひとで美代子じゃなくても泣けてしまうよ。

 

宮本信子という女優さんは伊丹作品を何本か見た以外は「あまちゃん」くらいしかガッツリ見てないんだけど、さすがだなぁと思った。

メイクや髪型は「あまちゃん」の偏屈な夏ばっぱとそう変わらないのに、どう見てもまったく別人だ。

夏ばっぱをまったく連想させない、人の良さ全開の気のいいおかみさん。

上野駅で美代子においなりさんを進める鈴子を見てたら泣けてきた。

 

帰りを待つみね子が健気。

不安でいっぱいなのに、祖父を問い詰めるでもなく、妹弟の前では明るく振る舞う。

長女の自覚がキチンとある。

そしてひょうたん島の歌がストーリーとちゃんとリンクするのがうまいなぁ。

これに限らず、当時の流行り物を入れて時代感を出すのがうまい。

さすがベテラン岡田惠和

「べっぴんさん」では無理やり当時のヒット曲を歌うシーンがちょくちょくあって、入れ込んだ感半端なかったけど、

こうやって話の流れと合わせると違和感がない。なるほどなー。

 

父の失踪という重たい出来事をいれつつも、ちゃんと明るいシーンもいれることで、朝に見るのにふさわしい前向き感もでる。

 

先がきになる朝ドラ、ひさしぶりだなー。

 

 

ひたすら安住アナのトークを聴く

土曜日意外と聴くラジオが無くて、結局仕事しながらひたすらラジオクラウドで「安住紳一郎の日曜天国」を聴く。

たまに声出して笑いそうになるので、それでなんとかテンションを保って仕事をした。

 

あああーどうしていつもこう要領悪いかな。

仕事は嫌いじゃないけど、そこまで大好きでもないんだから程々にやらないとやってけないのになー。

本気で仕事向いてないんじゃないかといつも思う。

でも働かないと生きていけないしね。

 

いやー1日でかなり聴いちゃったぞー。

この調子だと10年分とはいえ、1回30分くらいだしあっという間に聴き終わりそう💧

聴いてたら無性に赤江さんの声が聴きたくなって、たまたまクラウドで保存してた回を聴いた。

新たなたまむすびページではもう4月分しかないから。

なんかもう懐かしかった。

新たな4人のトークを聴いて思ったけど、赤江さんの声は思ってた以上によく通って聴きやすい声だ。

 

戻ってくるといいなー。

 

仕事終わらない‥‥💧

ひんぱんにグチってますけど、仕事が終わらない。

久しぶりに土曜に仕事に行く。

休日出勤じゃなく、コッソリ。

休日出勤するとまたブーブー言われるから。

 

起きてからつい、グダグダ洗濯したりと逃避、駅まで「恋」を聴いてもテンション上がりもしないし。

 

あーグダグダ。

行きたくない。

 

いいねー、行進曲😁

通勤中はいつもイヤホンでなにか聴いてる。

ラジオか音楽。

なんとなく、行きはラジオ、帰りは音楽を聴くことが多い。

 

自宅から最寄り駅までは5〜6分くらいなので、歩く間にまるっと聴ける曲は一曲。

シャッフルして聴くので何がかかるかはお楽しみ。

 

ここ数日、行き帰りの徒歩時間に、行進曲「恋」を聴くのが楽しい。

帰りは「あー疲れたー💧」

行きは「あー会社行きたくない‥‥💧」

とダラダラダラダラ歩きがちな自分なのだけど、

行進曲「恋」聴きながら歩くと、自然とテンポ良く歩き、テンション上がってくる。

さすが!行進曲‼︎

元の曲よりテンポが落としてあって、正に歩くのにぴったりだなーと。当たり前だけど。

 

このところ、行き帰り5分×2回の徒歩時間は 行進曲「恋」をリピートしながら歩いてる。

今日は天気がいいから元気でるなー。

伊集院氏、オールナイトニッポン情報を把握してました!

最近昼間はだいたいTBSラジオを聴いてる。

たまむすび以外は所々ですが。

朝の「伊集院光とらじおと」はちょうど出勤時間あたりに始まるので、 頭から1時間くらい聴く。

 

今日、来週のスペシャルウイークの月曜から金曜までのゲストを紹介していた。

なんでも木曜ゲストが諸事情により昨日まで伏せられていて、今日発表とのこと。

 

なんとラジオパーソナリティ吉田照美さん!(笑)

なるほどー、3月までほぼ文化放送の専属みたいな人だったからねー。

 

とうぜんアシスタントと「え?大丈夫なんですか?浜松町(文化放送)の人じゃないんですか?」という会話に。

それに対し伊集院氏、

「いいの今ラジオ混沌としてるから」

そして

「だって有楽町の局に来週のスペシャルウイーク、小堺さんと関根さんが出るんだよー」

と言った。

 

おー!それって星野源オールナイトニッポンのことだよね?

伊集院氏、悔しくなるから他のラジオ番組はほとんど聴かないって言ってたのに、

3月まで裏だった番組の情報、よく知ってるじゃないですかー(笑)

さすが星野源、意識されてます?(笑)

 

そしてすぐさま突っ込まれたらしく、

「TBSの人間が有楽町の宣伝はしなくていいって」と話は変わりました。

 

いいなーこういうのがラジオの面白さだよね。

星野源オールナイトニッポンGOLDやったときに裏がバナナマンで、リスナーさんがそれぞれに報告しあったりしてたそうで。

 

ライブ感大事!