モカの日記

誰かに気を遣うことのない、思ったことをそのまま書いてみるところ。

A LIFE 1話

実は木村拓哉のドラマってちゃんと見たのは少ない。

思い出せる限り「ギフト」と「HERO」のファーストシーズンくらいだと思う。

だからいわゆる「キムタクドラマ」ってほとんど見てないってことだ。

かっこいいキムタクを味わうためのドラマ。

 

そういえば私は木村拓哉のことを「キムさま」って呼んでるけど、これはとんねるず石橋がこう呼んでて、いいなぁと思ったから。

揶揄してるとかじゃなく、木村拓哉には「さま」が似合うと思うから。

 

で、A  LIFE 1話をリアタイした。

平日のドラマはほぼ録画視聴だけど、去年1年間、真田丸にどハマりして、日曜8時はテレビの前という習慣が出来、流れで9時のドラマもリアタイすることもあったから。

 

なんだかもやっとした。

ドラマとしてはちゃんと作ってるんだろうなーって感じはする。

でも、ワクワクしなかった。内容が重いとか笑える話じゃないとかじゃなく、ドラマとしてそんなに惹かれなかった。

 

これって木村拓哉でやる必要のあったドラマなんだろうか?

医療ドラマは好きなんだけど、あんまり医療ドラマって感じじゃない。

手術シーンはすごくリアルにやってるんだろうけど、ドラマとしてのデフォルメが無さすぎる。だったらドキュメンタリーでいいじゃんと思う。

 

おそらく医療ドラマ部分がメインなのではなく、主要人物も多いから、それぞれの医療への関わり方を描く人間ドラマで群像劇なんだろう。

メインは木村拓哉浅野忠信の互いへの複雑な感情で。

 

ただ、それにするには木村拓哉浅野忠信の並びが悪すぎる。なんかなじまない。

この2人は今までやってきた仕事の方向が違いすぎて、しかもそれぞれの仕事に馴染みすぎてて、結果醸し出すテイストがあってない。

油彩画とアニメイラストみたいな。

木村拓哉の相手役なら例えば竹野内豊とか反町隆史みたいに「スター」みたいな同じ匂いの人にするべきだった。

 

そのせいで、木村拓哉の魅力が全く感じられない。全然「キムさま」じゃなかった。

なんでこういうドラマに出したんだろう?

演技派に脱皮したかったのか?

その結果木村拓哉の最大の魅力「スターキムタク」を捨ててしまって?

いーじゃんキムタクで。見せてくれよ「キムさま」!それのどこがいけないのか?

 

演技派にするには髪型や服装が中途半端にキムタクが残ってて、やっぱり木村拓哉に見えてしまう。

そのうえ沖田一光というキャラが大して魅力的にも描かれてないので、魅力のないキムタクに見える。

 

始まる前ドクターXの男版にならないようにってツッコミ記事を見たけど、こんなんだったらドクターX男版のがよっぽど良かったのでは?

少なくとも視聴率はもっと取れたよ。

それにああいう役は演技が出来るだけじゃやれない。それこそスター性が必要なキムタクにぴったりの役だ。

 

それにキムタクを演じることを否定的に言うばかりだけど、同じような道をきた偉大な先輩がいっぱいいるじゃないか。

A LIFEのことを考えていて田村正和の「ニューヨーク恋物語」を思い出した。

あれこそスター俳優がスターと演技派を両立させた到達点のひとつなんだと思う。

子供からみたらただのおじさんのはずの田村正和のかっこよかったこと。

そして甘い2枚目だけじゃない、どれだけ演技が出来るかも見せた。

キムタク、安易にキムタク捨てるなよー。

田村正和が足掻いて辿り着いた所を目指してくれよ!

 

去年からのいろんなゴタゴタで、このドラマにあちこちからいろんな力が投入されているんだけど、それがいちいち裏目に出てるのがまたイタイ。

 

脚本の橋部敦子という人は代表作が草彅剛の『僕の生きる道』シリーズで、とてもしっかりした人間ドラマが描ける人なんだけど、今回のドラマでは作品が木村拓哉とあってない。

草彅剛の方が演技が上手いということではなく、相性なんだと思う。

人気も実力もある脚本家をわざわざ引っ張ってきても合わないんじゃどうにもなんない。

 

主題歌も、放送当日まで伏せてサプライズで流れたのがB'zだった。

TBSドラマで木村拓哉主演となればB'zでしょ!ってことなんだろうけど、

曲が流れた時、あまりに合ってなくてビックリした。

ちゃんとしたエンディングではなく、まだドラマ中にかかったんだけど、まだ重い雰囲気のシーンに、B'zのノリのいい曲がかかるもんだから『はぁ?』としか思わない。

ちゃんと内容伝えて書いてもらったのか?書いて頂くんだからどんな曲でもいいって言ったんじゃないのか?って思ったくらい、最近中々聞かないくらい合ってない主題歌だった。

 

いったい制作陣は何したいんだ?キムタク潰したいのか?ってゆーくらい、何もかもズレている。

そもそも、日曜9時枠が視聴率取れるのは、平日在宅率の低い、4〜50代男性の視聴習慣があるからだそうで、だから『半沢直樹』みたいな爽快感のあるドラマがウケるんだと聞いてなるほどなーと思ったのだ。

なのに、その世代の男性にウケそうにない内容。案外キムタクファンな同世代の男性は多いと思うのに、キムタクがかっこよく描かれてないんじゃ意味がないじゃん。

視聴率をとりたいんじゃないのかー⁈

 

あーあらゆる面でもやるドラマだ。

SMAPはけっこう好きだから、去年のゴタゴタはうんざりするなーと思っていて、

一応終わったんだから、それぞれ邁進していって欲しいなと思っていたのに、キムタクがこんな有様かー!

別にキムタクファンじゃないけど、でもキムタクは意地でもかっこいいとこに存在意義があるんだと思っているんだよ。

こんな中途半端なキムタク出してどーすんだ?

キムタクは『キムさま』であってほしいんだよ。

 

とりあえず、来週は見ると思う。

予告見る限り、医療ドラマっぽいエピソードになりそうだ。

果たして見続ける気にさせてくれるのか?

こんなに木村拓哉のドラマの心配をするのは初めてだ。