モカの日記

誰かに気を遣うことのない、思ったことをそのまま書いてみるところ。

どうして自分が「直虎」にハマらないのか、なんとなくわかってきたぞー

「おんな城主直虎」、2、3話ははずしたけど、家にいればとりあえずは見てる。

まだなんとなく諦めきれてない。

もしかしたら今週こそワクワクする展開になるんじゃないかと期待して見てみるけど、結局ガッカリする。

去年の真田丸のようなワクワクは多分もうないだろうなぁ。

 

真田丸以前の大河と比べて、そんなに出来は悪くないんだと思うよ。

小国の領主のリアルを書こうとしてる点は評価できる。

だけど、1年間続くドラマとしては弱い。

もう既に3ヶ月過ぎて、普通の連ドラなら1本終わってる期間だ。

その期間、ドラマとして客を離さないための工夫が足りないんだよなー。

長さにあぐらかいてる感じ。

こんなタラタラしたドラマで視聴者がついてくると思うのはおごりだよ。

 

そして何より受け付けないのが主人公のキャラ!

子役の頃のおとわが自分中心で、考え無しで突っ走って状況をめちゃくちゃにするのがとってもイラっとした。

直虎になって成長したかと思いきや、全く変わってない。バカなまんま。

相変わらずバカな行動して状況を悪くする。

 

こんなやつどっかで見たぞーと思ったら、朝ドラヒロインだ!はずしたときの。

あーダメなわけだよ。

 

それなのに何とか話が収まるのは運が良かっただけじゃん、という雑な展開ばっかり。

先週の、お手紙キター、またキター、さらにキター、の展開なんか本当にしょーもない。

 

さらに意外と柴咲コウがダメだった。

どちらかと言えば好きな女優さんだったんだけどなー。

時代劇でおんな城主をやるには声がキーキーしていて聞きづらい。

だからかいつまでたってもバカっぽい。

感情的になるシーンがビックリするくらいヘタクソだった。

 

大河でも朝ドラでも、まずは主人公に魅力を見つけられないとお話に

はまれないなー。