モカの日記

誰かに気を遣うことのない、思ったことをそのまま書いてみるところ。

「あなたのことはそれほど」1〜3話 波瑠、ガンバレ!

「重版出来」以来、自分の中で1番の期待枠のTBS火曜10時。

わりと王道から外れたドラマをやる印象なのが、今回は恋愛ドラマ、しかも不倫物。

うーん、興味わかないなー。

いくえみ綾 原作、初の連ドラと言われても全く読んでないしな。

 

でも、波瑠は好きだ。

あの凛とした雰囲気と通りのいい声がいい。

セカムズも藤堂比奈子も、4月の2時間ドラマも見た。

で、見てみました。

 

1話の感想、「あー、う〜ん?」

基本、波瑠演じる美都目線でストーリーが進むので美都のモノローグがすごく多い。

で「女の子は恋のアスリート」と言う心の声を聞いたとたん、

「うっ、無理かも💧」と思った。

そうだー、だからいくえみ綾ダメだったんだー!

 

当然あんな大御所漫画家だから知ってるし、遥か昔に読んだ覚えはあるけれど、最近はさっぱり。

この前ダヴィンチで、いま6本連載してるってのを見てビックリしたんだった。

今は知らんけど、昔のいくえみ綾作品はヒロインが恋愛脳で、ホントに恋愛しか考えてないのがどうもダメで好きじゃなかったんだよね。

「女の子は恋のアスリート」で思い出したよ💧

これは厳しい、1話で挫折かなと思ったんだけど、なんだかんだで3話まで見た。

うう〜ん?おもしろいのかおもしろくないのか、よくわからない。

 

美都の罪悪感のまるでない不倫はなんかリアルだなーと思った。

まあ、不倫物ってあまり見てないけど、話で聞く限り、辛い出来事、夫が自分に無関心とか、欲張りで遊びとか、ドラマ上の「不倫に走る理由」がある。

でも、そういうのって嘘くさいなぁって思ってた。そんな死にそうな不倫ってあるかねー?って。

それにくらべると、美都は夫に特に不満は無いし、「運命だわー」とか思いながらも、燃え上がる恋とかいうほどでもない、軽いノリ。

現実の不倫って、見聞きする情報で判断すると、けっこうそんな感じのようだ。

 

だから、不倫相手の有島も、間違っても「妻との結婚は間違いだった!愛してるのは君だ」なーんて言いそうにない軽いノリ。

ドラマのヒロインの相手としてはクズ過ぎなんだけど、やっぱりリアル。

こいつ遊び慣れてるな感がすごく居そうな感じなのだ。

 

ただ、リアルにすればおもしろいのか?っていうとそれも違う気がする。
リアルにするのは視聴者に感情移入させるためだと思うんだけど、この方向にリアルにしてもなかなか感情移入はできないでしょ。
実際「登場人物の誰にも感情移入できない」って意見が殺到って記事を見たし。

ただ、感情移入できないからこそ先が見たいのもある。
こういう主人公がダーク側の場合、途中のエピソードは面白くても結末をどうつけるのかは難しい。
ハッピーエンドにするのは無理だろう。
原作がまだ連載中だそうなので、どう結末をつけるのかは気になるかな。

 

といって見続けるかっていうとどうかなー?
見れば見れるけど、放送を楽しみにする程でもない。
今見れてるのは、波瑠が元々もってる清潔感が美都のダメさ加減を緩和してドラマとして成り立たせてるんだと思う。
違う人だったらもっとエゲツなくなってる気がするなぁ。

それだとこの変な軽さが無くなりそうだし。

 

それに、夫 涼太役の東出昌大がなー。
本来のイメージと逆の役というけど、自分は東出くんは垢抜けない感の人だと思っていたので、イメージは合ってると思う。
美形って人でもないし。
ただ、この役なかなか難しいよ?荷が重いんじゃないかね?

真面目でいい人ではあるけど面白みが無い。
でも早々に妻の裏切りに感づいていて、妻の前では顔に出さないけど、お腹の中は嫉妬が渦巻いている。
チラチラとそういうシーンはもうあるんだけど、いかんせん技術的な問題が💧

感情を中に押し殺して、何でもない顔をしてトーンを抑えて話す、っていう演技をしたいんだろうけど、やっぱり棒読み。

東出くんは俳優になって割と早くからいい役をいっぱいもらってる割に成長速度が遅いよね。

「冬彦さんを彷彿とさせる」とか言われてるけど、本当にそういうシーンが増えて比較されたら目も当てられないでしょ。

 

あと、東出くんの難点は声。

本当に声ってものすごく重要なスペックだと思う。

聞き取りやすいかとか、色々あるけど、声の説得力って大きい。

今深夜で「100万円の女達」ってドラマをRADWIMPS野田洋次郎主演でやってるんだけど、演技もけっこう悪くないけど、とにかく声がいい。

それだけで主演の存在感が出てる。

東出くんてなんか変な声だし。声が2枚目じゃないんだよ。

 

有島役の劇団EXILE 鈴木伸之って人はこれで初めて見たけど役に合ってるなー。

本来のイメージと逆の役っていうけど、全然イメージ通りでしょ(笑)

チャラさがバッチリ出てるよね、声も軽いし。

いちいち本能的に目の前の女性に全力で優しくしてしまうタイプなのがよくわかる。

 

そういえば、ひとつ気になってたのが、

あんな夢見る乙女の美都が中学の時の初恋の相手に再会して、あったとたんラブホテルに連れてかれて幻滅しないのかね?ということ。

恋愛脳の乙女思考なら、付き合ってもいなかったのにこれはドン引きなんでは?と思ってた。

たまたま原作の紹介記事を見たけど、原作だと有島は美都の初体験の相手なのだそうで。

あーそれならホテルにサクッと行くの納得したわー。

キレイなだけの思い出と、リアルな関係では展開変わるよね。

原作では初体験が中学生の時になってるので、ドラマではさすがにカットしたんだろうけど、その違いは大きいと思うんだけどな。

 

美都に非難が集まって、波瑠自身にクレーム入ったりしてるらしく、それはどうなんだよと思うけど、

それに対して波瑠本人が、色々言い訳っぽいことをブログで書いてるのはどうなのかなーと思った。

役の事を理解や感情移入できないとしても、俳優本人が外にそれをいうのは違うと思う。

最近の視聴者は役と俳優をごっちゃにして、直に文句言ったりするから大変なのはわかるけど、「仕事だからやるだけ」って言うのは思っても言っちゃダメだよ。

ちょっと残念だったなー。

 

なんだか色々気になるし、結末は見たいんだけど、ワザワザ見るのはちょっとめんどくさい、不思議なドラマですな。
やっぱり火曜10時枠っぽいかな。