読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モカの日記

誰かに気を遣うことのない、思ったことをそのまま書いてみるところ。

「おげんさんといっしょ」再放送希望の声殺到、に思ったこと

5月4日放送「おげんさんといっしょ」ずいぶん評判が良かったようで。

視聴率は3.8%だけど、ツイッターでずっとトレンド1位だったりで、視聴者の反応がすごかったらしく、なによりです😊

この調子なら第2弾もあるかなー?星野源のスケジュールしだいか(笑)

 

いまだ旬真っ只中、星野源の初冠番組なので、ネットニュースもたくさん。

話題になるのは次につながりますから、いいことですねー。

 

ただ、気になった記事が。


星野源「おげんさん」見逃し組が悲鳴 「NHKさん、どうか再放送を!」
放送後も注目を集める「おげんさんといっしょ」
 歌手で俳優の星野源さん(36)のテレビ初冠番組である「おげんさんといっしょ」(NHK総合)を見逃した人たちが、再放送を熱烈に求めてネット上でちょっとした騒ぎになっている。

 「ああああああ!! 忘れてた」「録画してると思ってたら失敗。再放送求む~」といった具合だ。同番組は「スペシャル番組」として生放送され、番組公式サイトでは、次回放送予定や初回の再放送予定などについて、2017年5月6日昼過ぎ現在、触れていない。

 

貼り方わかんないので(そして調べる気もない)コピぺ。

 

なんかなぁ。

今は民放の番組は無料で見逃し配信してるのが多いし、「いつでも見られる感」があるのはわかる。

自分もお世話になってるし。

でも「見ようと思ってたけど忘れてたからまた流して」ってさー、どうなんだ?

お客様意識強すぎない?

「録画しようと思ってたけど、忘れてた」とかいうのもあって、

「じゃあ、しとけば?」とか「忘れるくらいの興味だったんでしょ」と思う。性格悪いけど。

 

前宣伝もけっこうしてたし、ものすごい夜中の放送という訳でもない。

星野源けっこう好きだーくらいでも、それなりに見てればオンエア情報は入るでしょ。

わざわざ「見たい」って言うくらいなら録画方法を持ってないこともそうないだろうし。

それで気がつかない、忘れちゃう程度の番組を自分が見逃したから「またやって」って放送局に頼むのかー。

それって、本当に再放送あったら見るかね?

労力の使いどころが甘いと思うんだよなー。

 

自分は一つのことに意識がいってると、他まで気が回らなくなりがちなので、仕事がたてこむとどうしても趣味系のことは見落としがちになる。

コンサートの予定忘れてチケット無駄にしたりとか💧

でも今は便利だから、例えば星野源のことなら、公式ツイッターと、ローソンチケットでアーティスト登録したら雑誌の情報とかまでほぼ通知が来る。

申し込みの締め切りのあるものはスマホのカレンダーで通知をオンにしとけばほとんど外さないし、テレビ番組は事前予約できる。

しかも、これって大した手間じゃないよね。

普通にスマホ使う人なら5分もかかんない。

 

そういう労力はハショるのに、「再放送やって」って書き込み(タイミングからいっても公式ページに書き込んでるんだと思う)はするのかー。

なんか随分と自分中心だなぁ。

 

今の10代20代とかの物心ついたときからネット環境がある世代と感覚違うんだろうけど、でもなんかモヤモヤするなー。

ネットニュースで「え?そんなこといちいち言うの?」みたいなの頻繁に見るけど、それと同じ空気を感じるんだよね。

 

ツイッターで、同人作家の人が自分の本を買った人から「全然面白くないし、萌えない、責任取って」って言われて、返金してお詫びに菓子折りを渡した、っていうのを見て、

「はぁ?なんだそれ???」と思ったんだけど、おげんさん再放送の件もベースの発想おんなじじゃん。

 

「お客様は神様です」論争ってのも定期的に上がるけど、今の日本『お客様』を盾にやりたい放題のトラブル多いよね。

モンスタークレーマーってやつですか?

日本の接客業のサービス意識は素晴らしいと思うけど、それにあぐらかいた横柄なお客様を認めるのとは全然別の話だ。

 程度の差はあれど、「再放送やって」の意識ってそれと同じだと思う。

 

まあ、実際にどのくらいその声が来たかも記事見ただけで詳しくはわかんないし、

どっちかというと「こんな評判なんですよ」ってアピール記事なのもわかる。

でもさー、だったら「第2弾も希望」にしてほしいよ。その方が当然の流れだし。

 

自分は「おげんさん」リアタイして録画もして見ていたけど、

調査家庭じゃないから視聴率にも貢献してないし、ツイッターもつぶやかないから、特に意見が届くこともない。

だから自分がモヤっとしたところで「再放送やって」組の方が『星野源の人気を測る』ということに対しては貢献してるんだけどね。

でも、やっぱりこういうのはなんか好きじゃないなあー。

 

「おげんさんといっしょ」の番組自体は面白かったし、星野源がやりたいこともよくわかるし、だから可能ならゆるゆるリアタイしたい番組だなと思った。

星野源の話ぶりからしても、今の人気を考えても、初めから第2弾、3弾も想定はしてるだろうから、気長に次回を待とうと思ってる。

 

なんだかんだ言っても、星野源が出るのは嬉しいからね。

ゆるいお客様ですよ。