モカの日記

誰かに気を遣うことのない、思ったことをそのまま書いてみるところ。

若くて美しいというのは紛れも無い才能なんだと「警視庁いきもの係」の橋本環奈が教えてくれる

去年真田丸にハマって以来、日曜8時から9時は家にいてドラマを見る習慣になっている。
今年の直虎はまあボチボチだけど、9時からのドラマ2本もどちらかはだいたいリアタイしている。

6月までは「小さな巨人」をコントとして大変楽しんだのだけど、さて7月からはどちらを見ようかな、と考えた。
どちらもキャストがけっこう好きかな?内容はまあ見てみてからかな?という感じで迷う。
とりあえず初回はTBSを録画して、フジの「警視庁いきもの係」をリアタイしてみた。

けっこう面白かった。
もう、あれこれ感想書きたいっ!ってノリではないけれど、話も案外しっかりしてるし、演者も安定した人ばかり。
事件物で殺人事件なんだけど、無駄に猟奇にはしていないので、日曜夜に気楽に楽しむのにはちょうどいい。

そして何よりも、橋本環奈がもう〜キラッキラ‼️
周りがほとんどオッさんばっかの中に明らかに1人だけ異物なのだけど、それが役柄の「変わり者の動物オタク」をいい感じに表してる。
もう引きで見ても一瞬で伝わる「若さ!」
もうね、肌の質感とかね、オッさんたちとは完全に別の生き物‼︎(笑)
役の圭子というキャラは「大学出て飼育員とかで働いてた」というので、設定では24、5歳だと思うけど、それを若くて小柄な橋本環奈が婦警の格好にリュックで演じることによって出る子供感が、「ああ、この人は警察で浮いてるな」って感じになってて悪くない。
さらにちょいちょい周りから「コスプレ?」って突っ込ませることで、実年齢と役年齢の差をネタにしている。

高校卒業してグループ解散して上京していよいよ本格始動!‥‥で、選んだ初の連ドラがなぜこのドラマ?と思っていたけど、案外この方向はアリかも。
安直に年相応の恋愛ものばっかりふると飽きられるのも早いしなー。

それにしても、つくづく若くて美しいというのは才能なんだと、この橋本環奈を見てると思う。
努力とかでは決して得られない、しかも期限のあるこのキラキラした今の橋本環奈をこうやって見られるのはすごーくありがたいことなのかも。
続けてれば大抵演技も上手くなるし、その年齢ごとの美しさは色々あるけど、
10代の女の子の独特の美しさとはまた特別なものだよなー。
しかもまたこの子は華もあるんだよー。
なんかいいもの見せてもらったな。

他にも一部に大人気のだいすけお兄さん、芝居がちゃんとしてて「おおっ⁉︎」と思ったけど、よく考えたら元々劇団四季の人だっけ。
真田丸でしょうこお姉さんがお芝居上手くてビックリしてたら、歌のお姉さんの前は宝塚女優だったっていうのと同じで、やっぱり基礎をちゃんと訓練してる人は強いね。

エンディングで出演者がみんなダンスは「さすがにこのパターンはもういいよ💧」と思ったけど、この感じなら日曜9時リアタイはこのドラマかな?
向こうは重そうだしね(笑)