モカの日記

誰かに気を遣うことのない、思ったことをそのまま書いてみるところ。

あー、生番組は大変だ(笑)

朝、支度しながらテレ朝のモーニングショーを見ていた。
昨日ニュースになっていたO-157による食中毒について、専門家が解説に来ていた。
年配の女性の大学の先生。ウイルスの専門家らしい。
で、この人が声がハッキリせず、話のまとめが下手でさらに人の話を汲み取れない。
レギュラーコメンテーターの質問に対する答えが噛み合っていないのだ。
あららーと思って見ているとレギュラーコメンテーターの1人がありありとイライラしている。
いや、この人見かけるといつも口調がキツイんだけど、今日は確実にいつもよりイラついてる。
確かにこの専門家さんの話の通じなさはヒドイなぁと思ったけどね。この人の授業受ける学生さん大変そうだ。
けども、テレビで朝からそんな露骨にイライラしなくても。
3人いるレギュラーのうちあとの2人が、要約してみたりでアプローチを変えてるんだけど、やっぱり通じなくて、残りの1人はますますイライラ。
朝から笑ってしまった。
いやー、この専門家さん確かに酷すぎるんだけど、そこを何とか話を引き出すのがレギュラーの役目では?コメンテーターの仕事じゃないのかな?
でも司会の羽鳥さんは空気だったし(笑)

それで思い出したのが、昨日の「ジェーン・スー 生活は踊る」
今週はスペシャルで番組全部が「相談は踊る」
スペシャルゲストとともにリスナーの相談に答えるというもの。
初日月曜はTBSラジオファンにはたまらない、大沢悠里さん!

‥‥なのだけれども、予想通り大沢悠里が相談に向いてない💧
いや、いい人だし優しいし丁寧なのよ。
だけどもう80代だから。
ジェーン・スーのとこに来る現役世代の悩みの本質が掴めてない。
20代女性、母親が50歳で離婚してオシャレしたりマツエクしたりと女に目覚めてるのが受け入れられない。自分は友達もおらず心療内科に通っているのに、という相談。
悠里さん、「お母さんもね、ずっと苦労してやっと解放されたんだから認めてあげなさい」
いや!わかるよ?それは正論なんだけど、この人の悩みの根本てそこじゃないよね?
この人は身近に母親しかいなくて、上手くいってない自分に対して楽しそうな母親に妬いてるんだよね。離れてしまうかもしれない淋しさもあるんだろう。
どちらかというと悩みのメインは「上手くいってない自分」の方じゃないのかね?
そういう人の悩み相談にそういう正論だけで答えても💧

いつものジェーン・スーならキレキレな回答をだしてるんだろうけど、悠里さんを否定する訳にもいかないし、あまり方向変えたことも言いづらそう。
一つ目の相談がそれで、その後もだいたいそんな調子だった。
つくづく、ジェーン・スーの悩み相談は芸なんだなぁ。表面の相談事だけでなく、悩みの本質まで考える。解答出ない時も多いけど、ちゃんとした正論をただ出されるより、元のとこをわかってくれてそこについてを考えてくれる。人気ある訳だ。
しかし生放送は大変だなぁ。
それでもジェーン・スーは割と上手く誘導してた感じ。ちゃんと大御所は尊重してたし。
この人はアナウンサー上がりとかではないけど、こういう上手さはどこで鍛えられたのかなぁ?元々のセンスもいいんだろうけど。

朝のモーニングショー、誰もまとめてくれない惨状を見て、ジェーン・スーの上手さに気づきました。