モカの日記

誰かに気を遣うことのない、思ったことをそのまま書いてみるところ。

「わろてんか」「トットちゃん!」 2つの帯ドラマの初回を見てみた

10月は特番多めで通常連ドラは第3週スタートがほとんどの中、10月2日の平日初日に2本の帯ドラマがスタートした。
NHK連続テレビ小説わろてんか」とテレビ朝日 帯ドラマ劇場「トットちゃん!」。
どうやらテレビ朝日NHKにガッツリ組みに行くつもりらしい(笑)

いろんな意味で話題沸騰だった「やすらぎの郷」に比べ、いかにも普通の帯ドラマな感じの「トットちゃん!」。まだ「やすらぎの郷」が見終わってもいないのでどうしようかと思っていたけど、あまりの朝ドラ感に逆に興味が湧きしばらく見てみようかなと思った。
たまたま朝ワイドに番宣で松下奈緒山本耕史清野菜名が出ていて、相変わらず無駄に器用な山本耕史が手品を披露してたのもなんか良かったし。

で、初回両方見ての感想。
自分的には「トットちゃん!」の勝ち‼︎
まあ、あくまでも初回のみ、勝ったからって負けた方は見ないという訳でもないけれど。

わろてんか」‥‥‥「あさが来た」シーズン2始まった??‥‥と言いたくなるような始まり。お約束のおてんばヒロイン子役時代。
予習をしてなかったので、吉本創業者って昭和の人と思いこんでたら、「ひよっこ」あとの予告でいきなり時代物で驚いた(笑)
松坂桃李見て「龍雲丸⁈」と思っちゃったし。
どうも関西ノリの笑いのツボがイマイチ合わないなーとか、お客様が来てヒロインが笑って大騒動のくだりがコテコテ過ぎてうーん‥‥💧
そもそも子役の子あんまり好きじゃないなー‥‥ブサ‥‥いや、うん、ねー?(笑)
NHKって基本子役は本役の人によく似た子供を連れてくるのが上手いのに、ヒロインだけは演技力で選ぶのはいいけど、いつもあの、イマイチというかー(笑)子役時代で挫折経験よくあるんだよー💧。
子役の子は上手さより可愛さで選んで欲しいかなー。1週間くらいだし。
特に惹かれない初回で、録画しないと見れない頃ならもう挫折してたかも。でも朝リアタイできるからしばらく様子見。
ただ、ラストの松坂桃李のアップ、おそらく10代後半くらいの設定なんだろうけど、笑顔ひとつで「あ、若者!」と思わせて、へーすごいなぁと思った。
それから福くんの丁稚さん、丁稚と言っても親戚筋だとお嬢さんと並んで食事をいただけるのねー。長男に何かあった時の婿候補なのかな?そういうのが勉強になって面白いかも。

トットちゃん!」
昭和4年黒柳徹子の両親の出会いからスタート。明るいのが取り柄の不思議ちゃんぽいヒロイン(の母)頑固そうな父や叔父、貞淑な母、理解のある叔母、そして運命の相手との印象の悪い出会い‥‥と正に朝ドラ(笑)さすが大石静
脚本も演出もテンポ良くてこっちの方が見やすそう。朝さんが、この時代に音楽学校行けるセレブなのに自分の歌のダメさを全くわかってないとかどうなの?と思わなくもないけど、「あー、確かに黒柳徹子のお母さんなんだなぁ(笑)」という演出としてギリギリありかな。
朝ドラのモデルありパターンに似てるとは言え、まさかの存命モデル、しかも前番組(笑)テレビ朝日頑張るなー。ナレーションは後番組だし。

2つとも、大物の主題歌、局アナナレーション、芸能の世界の一代記とかなりかぶる。やっぱりテレビ朝日の挑戦状?(笑)
さて、しばらく見続けてみますかねー。
楽しませて欲しいなぁ。