モカの日記

誰かに気を遣うことのない、思ったことをそのまま書いてみるところ。

「監獄のお姫さま」第1話 今回はいけるクドカンになるかなー?

すっかり連ドラ注目枠TBS火曜10時、今回は満を持しての宮藤官九郎脚本「監獄のお姫さま」!
1月にはこの枠に俳優として出演なのに、年の後半には脚本家かー、さすがですね。
しかしこのドラマが発表された時はビックリした。クドカンが自分のラジオで大河の脚本が詰まってるとか話していたので、その前に連ドラが入るとは思わなかった。大丈夫かね?と心配するよ。

さすがに豪華キャストも話題の「監獄のお姫さま」第1話を見ての感想まず一言。
「うーん、様子見?」

まあ面白かった。飽きないし、キャストもさすがでした。が、まだネタ振りだけでどーなるのやら?というとこまでしか話が進んでない。ただ、先は気になる。まだ次も見たい。でも「絶対見るぞー!」という程でもない。ちょっと心配。
自分的にはこのところのクドカンドラマは途中で録画視聴が溜まったまま、というのが多くて「監獄のお姫さま」もちょっとそうなりそうな気配がする。
木更津キャッツアイ」でも使ってた時間が行ったり来たりの演出。実はそれがダメで「木更津キャッツアイ」は脱落してしまった。
元々クドカンのドラマってゆるゆるしてるのが売りで強烈な引きが無いから、ついてけない人はついてけないよね。
自分がクドカンで好きだったのは「あまちゃん」は別格として、「池袋ウエストゲートパーク」「タイガー&ドラゴン」「うぬぼれ刑事」「未来講師めぐる」……傾向としては、強力キャラの主人公がいるタイプのもので「木更津キャッツアイ」的なわちゃわちゃ群像劇が脱落しがちだ。
なので「監獄のお姫さま」も脱落しそうなタイプかなー💧でも最近の「ゆとりですがなにか」「ごめんね青春!」よりは食いつけそうなのは立場が近いから?(笑)

ただ今回ネタが滑り気味で「大丈夫か?クドカン!」と何度も話しかけたよ💧スマホを駆使しながら、画像は取らず誘拐のターゲットを間違えたり、ショッピングモールのトイレに行くのに母親が小さい子を連れて入らず外で待たせたり、車のエンジンがなかなかかからなかったりと、かなり「向かいたい方向への無理矢理なミス」が多くてねー。先々ネタに詰まりそうだ。

キャストは皆流石に達者だけど、その中でも満島ひかりが圧倒的な存在感で、やっぱり今ノリに乗ってる人ってのは違う。セミリタイアみたいな人達とピークのオーラを出してる人では差が出るね。

相変わらず、適当なネットの御用記事で「夏帆『監獄のお姫様』女優陣にも負けない存在感に絶賛の声」的なのを見たけど、第1話にはほとんど出てなくて雑な記事だなおい!と思った。その記事では「海街diary」て4姉妹の3女という難しい役をやったのに評価されてなくて残念、というくだりがあったけど、見てないで書いてるのがバレバレで。見ればわかるけど映画の3女は完全に脇役だったのだ。
ほんとこういう雑な記事に腹立つのは、こついう記事でドラマの評価を信じてしまう人が多くて、それでドラマに悪影響が本当にあるからなのだ。全く、せめて見てから書いてくれ!

とりあえず、第1話は賛否両論、記事も絶賛と批判とばっきり分かれてる。まあ、そうだろうなー。元々クドカンは好き嫌い分かれるし、決して書けば大ヒット!な脚本家ではない。
自分はまだ見続けられるかなー、って感じだ。
つぎはどうなるかな?