温泉とテレビが好きな私の日記

誰かに気を遣うことのない、思った事をそのまま書いてみるところ。タイトル変えました。

今日買ってきたマンガ

本日のお目当てはこれ。

先週Amazonを見ていて発売を知る。
ネットで頼もうかなーと思って、いや直接本屋に行こうと思いとどまり、発売日の今日買ってきた。
可能ならなるべく本屋で買いたい。宅配便はなるべく避けたいのだ。受け取りが面倒。
今日8時半頃宅配便が届いて受け取ったとき、先週不在通知が入ってたのを対応忘れてたことを思い出した。しかもゆうパックなので1週間しか再配達か出来ないとこがお役所仕事を残してて腹立つ。なので本屋で買う方が好きだ。
Amazon便利だし仕事の本は結構頼むけど、リアル書店が無くなってもこまるから。

で、「吉田秋生本」、普段こういうのはあまり買わない。大抵面白くない(笑)
でも、「単行本未収録の話が3本掲載」に負けて購入。が、うち2本は飼い猫のことを描いたエッセイコミック。騙されたー‼︎(笑)ムック本だから確認すれば良かったんだけど、まあ画業40周年のささやかなご祝儀と思えばね。
Banana fish」のアニメは4月からなのね。てっきり1月かと。果たしてどうなるのかなー?

あとはぶらついて見つけたもの。

「弦巻先生の作家生活」はネットでおススメしてる記事を見かけてなんとなく気になってた。
本屋で見かけて絵柄も好きかなーと思って買ってきた。一応ジャンル的にはBLになるようだがガッツリしたものではなさそうな感じ。BLと言っても幅はものすごく広くなってるからねー。これは人外ものになるのかしら?文士になりたい美しい鬼と、その人間としての顔を引き受ける青年のお話。どんなかなー?

ヤマシタトモコは結構買ってる。
いくつも並行して描いてる人のようで、新刊見かけるたびに全然違う作品ですごいなーと思う。
BLから出た人だけど、今もBLものとそうでないものと普通に並行して描いてるのがイマドキな感じ。
この人の作品は決して優しくない。大概読んだあと打ちのめされる。短期間に何度も読み返すのは辛いマンガだ。けど間が空くとまた読みたくなる。コメディからどシリアスまで色々描くけど、この人らしさは全く変わらずどの作品にもあって、だからファンがついてくるんだね。