温泉とテレビが好きな私の日記

誰かに気を遣うことのない、思った事をそのまま書いてみるところ。タイトル変えました。

つくづく、しょーもないおしゃべりって救われる

なんとなく気分がローなので、何か上がるものを聴きたいなーと、先週分の「菅田将暉オールナイトニッポン」にしてみた。
映画「不能犯」の宣伝で松坂桃李がゲストに来てくだらないトークをしてたらしいのはネットニュースで見た。
で、聴いてみたらいやー、しょーもない(笑)なんかスッキリしたなー。

菅田将暉松坂桃李は事務所の先輩後輩で、デビューもライダーと戦隊で時期が近く、マネージャーも一緒なのだそうだ。なるほど。売り方上手いもんなぁ。
ライダーの頃から割と演技が上手かった菅田将暉に比べると、シンケンレッドの松坂桃李は中々に厳しかった。
で、主人公の息子くらいの役でドラマに出しつつ、いわゆるスイーツ映画をいくつかやった辺りでガツっと重い作品や舞台に出し、キャラの振り幅の大きい仕事をやらせて、いつのまにか演技も良くなってるし、ただのイケメン俳優じゃない所にいる。さすが。

で、今回映画の宣伝でかなりバラエティーに出てたけど、この人基本喋るとポンコツなんだよね。プライベートで「モテません」って言うのがよくわかる。

菅田将暉とはそんな親しいわけでもないけど、気遣いも要らない間柄だそうで、ほかのバラエティーと明らかに違う、気を張ってない雰囲気がわかる。「菅田」と呼び捨てなのも新鮮。

キッカケは「普段この時間何やってるんですか?」と言う普通のとっかかりトーク
「寝てるか、遊戯王やってる」
「え?遊戯王⁈」
このトークから映画の宣伝も忘れひたすら遊戯王トークで盛り上がる。リスナーも大喜びでネタを送る。
まさに小学生男子の放課後トークだ。
バカだなー(笑)

自分はあまり音楽は聴かず、人が喋ってるのを聴くのが好きだ。
ニュース番組も良く聴くけど、気分が落ちてるとニュースどころか、星野源の音楽や演技についての真剣トークでもしんどくなる時がある。
そう言う時はネタコーナーを聴く。
本当にくだらないことを真剣考えたり、熱く語ったりにすごく気持ちが救われる。

今回の2人の遊戯王ガチトーク遊戯王知らない自分にも熱さが伝わってきてなんか面倒なことはまあいいかって気持ちになってきた。
人の熱、それも他人にはどーでもいいことに対してのものってすごく純粋に受け取れるんだよねー。
旬の俳優2人揃って、演技論でもそれはそれで面白いんだけど、遊戯王ってとこがたまらないんだよ。

くだらなくて、中身が無くて、でもめちゃ楽しそうな話はとても嬉しい。

追記
ちなみに松坂桃李は無課金で最上ランクのキングに到達してるそうで。どんだけやってんの!