モカの日記

誰かに気を遣うことのない、思ったことをそのまま書いてみるところ。

「アンナチュラル」 第5話 ただもう、凄いものを見た

毎週、楽しみな「アンナチュラル」
1話完結エピソードが各話違うテイストの事件物になっていて、情報をテンポよくたくさん入れ込んでいるというだけでも驚くのに、全体を通してのメインエピソードについても各話でちゃんと話が進み、停滞してほったらかしかい!ということにはならない。
しかもそれだけの情報を入れてるのに見ていてわかりづらいということがなく、プロフェッショナルなドラマ作りに毎週感動する。
なので、逆に感想の書きようがないところがある。ひたすら「わー!(キラキラ)」と思ってる。

で、折り返しの第5話は、凄かった。
ミコト(石原さとみ)と中堂(井浦新)の2人の監察医は、どちらも優秀で意欲もあるけれどそりが合わない。何においても意見が対立する。
ミコトに限らず、全方位に敵意を撒き散らす中堂の行動の理由を4話でミコトは知る。
中堂の恋人が変死体で発見され中堂自身が解剖をしたことで誤認逮捕された事、容疑者はまだ見つかっていない事で、中堂はその情報を得るためにUDIラボにいるのだ。

青森から溺死した恋人が自殺かどうか鑑定してほしいと、鈴木という男が来る。
が、遺族に無断で持ち出したため解剖は中止。
しかし「今調べなければ永遠に答えの出ない問いに一生向き合い続けなければならない、そういう奴を1人でも減らすのが法医学の仕事じゃないのか」という中堂の言葉で、ミコトは共に独自の調査を始める。

母親が仕掛けた心中に生き残ったミコトと恋人を殺した容疑者を探す中堂。
共に「答えの出ない問いに向き合い続けてきた」もの同士、分かり合えたように協力する。
今まで見せた事のない柔らかな表情を見せる中堂。それは久部(窪田正孝)が妬く程に。
そしてミコトが他殺の可能性を導き出した頃、中堂はそれを鈴木に伝えていた。
そして犯人の見当がついていた鈴木は、恋人の葬儀に来ていた犯人を刺し、駆けつけたミコトの制止も聞かずトドメを刺す。
そしてそうなる事をわかっていながら行かせた中堂。

凄いものを見た。
普通なら、主人公が駆けつけて止めたら躊躇して踏みとどまって確保され、ああ、よかった間に合ったー!だ。
考えの合わない2人が協力して仕事を成し遂げ理解し合えばめでたしめでたしこれから一緒にがんばろうー!だ。
だけど、鈴木の思いはそんなことでは止まらず犯人を刺す。
似た体験のあるミコトと中堂は協力して仕事を成し遂げて、そして決裂した。
重い過去を納得は出来ないまでも整理は出来たと言うミコトとおそらく自分の手で決着をつけるつもりの中堂は、鈴木に人を殺させたくないと言うミコトと思いを遂げて本望だろうと言う中堂は、全く違う方向を向いているのだ。
分かり合えたなんてことは全くなかった。
大切な人を理不尽に失うという事は、そんな綺麗事では済まない事なんだと突きつけて来る。
折り返しの5話で、ここまでひっくり返してみせる、なんて凄い物を見せるんだと思った。

そして毎回の米津玄師の主題歌の入れ方のうまさにやられてしまう。
今クール、完全にナンバーワン主題歌だ。

せっかくの野木亜紀子オリジナルでなぜ1話完結物なのだという記事を見たのだけど、1話完結と共に進めるメインエピソードも出し惜しみせずどんどん進むのでそちらも充分楽しめている。
どこからでも見れるとかとんでもない、1分でも見逃したくない。

なんか本当に、凄い物を見てるんだとしか言えないよ。
密度高すぎる。