温泉とテレビが好きな私の日記

誰かに気を遣うことのない、思った事をそのまま書いてみるところ。タイトル変えました。

今週買ったマンガ

火曜日、本屋をぶらついてマンガを購入。結構久々だ。
自分は結構マンガを買ってると思ったので、記録としてブログに書いてみたら案外買ってなかった。まあマンガ欲はジャンプである程度満足してるし、基本作家買いの人間なので新刊待ちだからかなー?
じゃあ、なぜあんなに片付かないマンガがあるのかと言うと、別の問題ですねぇ💧

いつも購入してます、新刊出てました。
グルメマンガってもう一大ジャンルになったねー。いくつか買ってるけど、グルメマンガならいいって訳ではないのよ。なんだろう?雰囲気かな?
ワカコ酒」はドラマも好きだ。「孤独のグルメ」と同様にシンプルにドラマ化したのが良かったんだと思う。ヘタに演出プラスしたやつはグダグダだったからなぁ。「食べる」という行為はシンプルなことだからね。


これもむかーしからずーっと買ってます。
ただいつのまにか「6巻」とクレジットされててびっくり。ココハナで連載中とは知らなかった💧
ヤングユー時代のあと小さいサイズのコミックスが出てたけど、サブタイトルだけで巻数が打ってないから外さず買ってる自信がないうえに、この「ココハナバージョン」を初めて認識したから抜けてる可能性は大きいぞ。
確認するにはマンガの山を整理しなくては……。
この話は結局おとぎ話なんだけど、それでも読むと「それでいいんだよ」と励まされる。
世間と折り合いつけられない人ばかりが出てくるけど、それでもそれぞれ楽しく生きている。
そしてこの絵本のような世界に惹かれる女の子な部分が自分にもちゃんとあるんだなぁと思うのだ。


前にも本屋で見かけて気になってはいた。
新刊置場に2巻があったので、試しに1巻買ってみようと思ったら、探しても探しても見つからず、レジが空いた隙に店員に聞いた。
検索して「在庫ありと出てるので持ってきますね」と言ったきり中々戻らず、5分以上かかってやっと戻って来た。店頭が切れてたのかな?そりゃ自分で見つけられないわけだ(笑)
そのまま2巻も会計されそうになったのて「すみません、1巻だけで💦」と言うのが気まずかったわー。
コメディ調のお取り寄せもので、漫画家と小説家の連作という形式。
漫画家は中村明日美子で、名前は知ってたが初めて読んで驚いた。「耽美!」という人だと思ってたらコメディも書くのかー。
読みかけだけど、結構おもしろいかも。