温泉とテレビが好きな私の日記

誰かに気を遣うことのない、思った事をそのまま書いてみるところ。タイトル変えました。

「相棒」の代役決まりましたね

いよいよ、次週最終回の「相棒」
大杉漣が演じてた、衣笠警視副総監の代役に杉本哲太の起用が発表された。
予告にもさらっと映ってたし。
いなくなった穴が大急ぎで埋められてくなー。
4月の新ドラマは代役が寺脇康文だそうだ。少し下の世代の俳優の起用に引っかかってしまうのはひねくれ過ぎかな。

あの日、疲れがぬけなくて早く寝ようと8時半にお風呂に入ってスマホでゲームしてた(ダメな大人)
8時40分過ぎ、ニュースサイトの速報が入ってびっくりして慌てて出た。
似た名前の人か⁇いや、だって普通に色々出てるし⁉︎と検索したけどどうやら本当らしい。
水曜だったから「相棒」見ながら、「こないだ衣笠副総監メイン回やったばっかりなのに」「いつもの展開だと最終回にも出る予定だよね?どうするの?」とかぐるぐる考えてた。
「相棒」の後、ニュースステーションで訃報を取り上げてたのを見て「あー、やっぱり本当なんだ…」と思った。
同じ時間帯の「バイプレイヤーズ」を追っかけで見ようと思ったら、笑ってる姿に耐えられなくなってやめた。
自分でもこんなにショックを受けるとは思わなかった。そこに驚いた。

もちろん好きな俳優さんではある。
ドラマや映画が好きな人で大杉漣を嫌いな人なんていないんじゃないのかな?
けど「ファンです!」という感じでもないし、「出てたら必ず見ます!」というノリでもない。
だけど、「当然いるよね」っていう人だったんだなぁと思った。
何というか、仲のいい親戚のおじさんかな?たまに会うだけだけどいつも味方してくれるような。まさかいなくなるとか夢にも思わない。
次の日、朝支度してたら出演してたCMが流れて「10年後を考える」とか言ってた。
本当に突然だったんだ。

自分の中ではやはり草彅剛ドラマが好きだ。特に「僕の生きる道」と「任侠ヘルパー」。
草彅がまた連ドラ出来るようになったら、大杉漣小日向文世は絶対出ると思っていたのに。

「相棒」も、劇中で小野田官房長が亡くなって、新たな敵役として警視総監に宇津井健を出したものの、あまり話に絡む前に本人が亡くなってしまったから、お偉いさん役の役者さんの中では実年齢が割と若い大杉漣を、以前犯人役をやってるのに起用したのは、そこの反省もあったのかな?と思ってた。
思いっきり話しに絡ませてたらこんな事になってしまうとは、本当に人の生き死には分からない。

結局、「バイプレイヤーズ」の3〜5話も、「ゴチ」も「アナザースカイ」も録画はしたものの見れていない。
そして「相棒」最終回にはいないのか。いくらかは撮っていたそうだけど、見る機会はないんだろうし。
「相棒」見たら「バイプレイヤーズ」も見れるかな。
こうしてだんだん慣れていくんだなぁ。