温泉とテレビが好きな私の日記

誰かに気を遣うことのない、思った事をそのまま書いてみるところ。タイトル変えました。

「あなたには帰る家がある」第1話 ユースケの「浪漫飛行」が聴きたいよー!

初回当日には中谷美紀がラジオの生出演して宣伝していた「あなたには帰る家がある」。
夫婦物で恋愛ドラマなのかと思っていたら、「不倫ブラックコメディー」なんだって。
へー。
とりあえずメインキャスト4人は好きな人達ばかりなので見てみましょう。

結婚13年、娘1人の中谷美紀&玉木宏夫妻と両親同居息子1人の木村多江&ユースケ・サンタマリア夫妻の2組をメインに夫婦や家族の問題をコメディータッチで描いている。
オリジナルかと思っていたら、原作はなんと20年以上も前の小説。なぜ今頃?夫婦の問題というのはいつの時代も変わらないということかな。

どちらの夫婦も一見幸せなのだけど、できちゃった結婚で早くに結婚していて、お互いにズレを感じて過ごしている。
そんなとき、住宅販売会社の営業の佐藤秀明玉木宏)と客としてきた主婦の茄子田綾子(木村多江)が恋に落ちてしまうのだ。
さて、これからどうなるのか……というところまでが第1話。

そうですねー、結構面白かった。
週末、ビール飲みながら気楽に笑えていいんじゃないですかね。

ドラマとしての出来にはツッコミどころは色々ある。
「平成の『金妻』を作る」という記事を見たけど、確かに1話で早々と秀明と綾子が一線を超えて「不倫ドラマ」になったわけだ。
そういうところや、真弓(中谷美紀)と秀明、綾子と太郎(ユースケ・サンタマリア)の夫婦生活のすれ違いあれこれとか、なんとなくテンプレ感がする。
娘が中学受験を終えて燃え尽き気味なところに働き続けて課長になってるかつての同僚(もちろん女)と再会して「自分の夢はないの?」と言われて働こうとするとか、働いたらパソコン作業についていけず若手に嫌な顔されるとか、昼の情報番組のネタかよ、というエピソードばっかりだ。
そもそも「バタバタでき婚=相手を見極めずに結婚してしまい、後から合わないのに気づく」とかいうベタな設定もなぁ。
「結婚=ガマンの始まり」的なベタさも、ドラマじゃそんなんばっかりだなぁと言いたくなるし。

と、ツッコミどころは満載なのだけど面白く見れたのはやっぱり役者陣の良さでしょう。
中谷美紀は子持ちの主婦という珍しい役。ガサツな主婦っていうイラつきポイントしかないような役なのにそれなりに見れるのは、この人のガサツ加減が上手いからだろうなぁ。
喧嘩してがなりたてるシーンもギャーギャー言ってるようでちゃんと聞き取れるとかの技術的な上手さと、「ガサツだけど根はいい人」な雰囲気の出し方とかが流石だ。

玉木宏は元々ただの顔のいい俳優としか思ってなかったけど「あさが来た」でいいなと思った。ボンボン役を嫌味なく、いかにも育ちのいい感じをきちんとした所作で出していて、歳をとるにつれ動きがゆるくなったりして10代から60代まで演じ分けていて驚いた。それ以来注目していた。
今回は一見かっこよさげだけど、中身は大人になりきれないけどならなきゃと葛藤しているかつての映画青年という微妙な役。
綾子に一目惚れしてしまいふらつくのだけど慣れてないからホテルに入るのにカード使っちゃうような小市民。あー、いるいるという感じで楽しかった。

木村多江はこの「しとやか美人だけど関わったらヤバイことになりそう感」を出させたら右に出るものはいないなぁ、おい!(笑)
秀明が守ってあげたいとフラっとするのは当然かという虐げられ感は作戦じゃないかと疑ってしまうが、どうなるのやら。

ユースケはモラハラパワハラセクハラ野郎。うん、いいよねこういう役。つくづく何やらせても上手いなぁ。あのテキトー感からどうしてこういう役がこなせるのか(笑)
スナックに玉木宏を付き合わせ、酔ってグチる玉木宏の横カラオケに立つと流れるイントロは「浪漫飛行」。おおーっと思ったけど、玉木宏のグチがメインなので遠くに聴こえるばかり。ユースケの音楽活動ってほとんど知らないのでちゃんと歌ってるとこ見たかったー。もちろん「オッサンがスナックで歌う」歌い方だったけどね。

佐藤夫妻の娘役は桜田ひよりちゃん。いやー、よく出てるよね。確かに普通の中学生に見えてちゃんと演技ができる子って貴重なんだろうなぁ。役によってちゃんと年齢が違って見えるのがさすがです。

演出とかはよくわからないけど、佐藤家のインテリアがすごく良かった。
ローン支払い中という、おそらく数年前に新築で買っただろうマンション。インテリアがステキじゃないのだ。とりあえず片付いてはいるけど家具は多くなくあまり高そうでもない。飾りつけも少ない。これが専業主婦だけどガサツで家事が苦手な真弓らしくてすごくいいと思う。秀明は自分の趣味のスペースの机以外には意見は言わない(言わせてもらえない?)で主婦のキャラクターだけで出来上がってる部屋。わかるなぁ。
ドラマってどうしてもステキインテリアにしがちだけど、合わないステキはおかしいよね。
こういうセットのプランいいなぁ。

タイトルからしても、まずは夫婦の行き違いからの展開からしても最終的には元に収まるのだろうし、多分毎週感想書きたくてたまらない!となるほどではなさそうだ。
けど、気楽にツッコミを楽しみながらなんだかんだで全部見そう。
まあ、結婚してて正に夫婦間ですれ違いを感じてる人から見たらまた違うかもしれませんが。
他人事と思えば面白いですよー(笑)