温泉とテレビが好きな私の日記

誰かに気を遣うことのない、思った事をそのまま書いてみるところ。タイトル変えました。

「コンフィデンスマンJP」 第2話 テンポは良くなってるのに……失速?

さて、第2話ゲストは吉瀬美智子
初回の江口洋介もそうだけど、今期他の連ドラでメインで出てる人だ。好きな人達ではあるけど新鮮味はないな。2人ともすごく良かったけどね。もう収録が終わってるそうなのでスケジュール的に可能だったからだろうけど、その辺考慮した方が良くないか?3話の石黒賢なんですっかり悪キャラゲスト俳優だし。「正義のセ」にも出てたぞー(笑)
まあ、難しいのはわかる。詐欺のターゲットになるような資産のある人間というとそこそこ年齢いってないとだし、と言って若者に「誰?」といわれるような大ベテランじゃ厳しいからね。

で、まずはフリの小ネタ。ロシアマフィアを騙すために寿司の名店をでっち上げるが失敗。ボクちゃん(東出昌大)をサクッと見捨ててダー子(長澤まさみ)とリチャード(小日向文世)はさっさと逃げる。
仲間より何より自分の身を守るのが優先、という教訓。メインエピソードのフリでもある。

で、メイン。
ボクちゃんが感情移入した傾きかけた旅館を救うべく、買収しようとするリゾート王(吉瀬美智子)に詐欺をしかける。またも無駄な才能を発揮して側近になるのに成功したダー子はある島を高く買い取らせようと企む……というお話。

前回よりテンポはいいと思います。時間短くなったし。
なんだけど、面白くはない(笑)
長澤まさみの「騙してます」芝居の加減が疑問なのも、東出昌大が棒なのも変わらず、せっかくの小日向文世の出番が少ないのも同じ。
そして、基本展開を初回で全部やってしまったので先が読め読めなのも同じ。
だから面白くない。
例えば、情に流されやすいボクちゃんのことをわかっているので、ボクちゃん自身もダー子に騙されていて、詐欺がバレたー相手の手下に捕まっちゃったー拳銃向けられてしまったーバーン、撃たれたー‼︎……という展開が「あー、やっぱこの手下、ダー子の仕込みだなぁ」とわかる。初回と同じ。だから騙されてハラハラする展開がなんにも楽しめない。

そして詐欺の手口がひと昔前なのも変わらない。いや、今悪事を働くような人間がそんなことも調べないかい?と思いますよ。
なんだろう、「詐欺」という括りだとこんなにエピソードに幅がなくなっちゃうのかな?
古沢良太、どうしたんだ⁉︎
結局、楽しむポイントがダー子がどれだけ振り切るか、ボクちゃんがどれだけ情けないとこ見せるかになっちゃうので、役者が受けつけるかになっちゃうのかなー。東出くんの棒っぷりはどう好意的に見ても楽しめない。こういう役はキャラとともに技術もいるのよ。

すっごーく期待してたけど続かないかな💧
今仕事が立て込んで残業残業なので放送に間に合わず録画が増えそうなんだよね。溜まってハードディスクの残量無くて消す、という展開が見えてきたなぁ。
あとはゲストが好きなら見るかな。後半のゲスト発表が楽しみ。
古美門弁護士でたら面白いとツイッターで話題ですよー(笑)