温泉とテレビが好きな私の日記

誰かに気を遣うことのない、思った事をそのまま書いてみるところ。タイトル変えました。

「ブラックペアン」 第1話 すみません、二宮先輩舐めてました!ルックスのハンデをものともしない存在感にやられた!

今クール最注目、好調TBS日曜劇場「ブラックペアン」が満を持してスタート。
最近「ぴったんこカンカン」や「櫻井・有吉THE夜会」とかTBSバラエティーが好きなので、もう嫌ってほど番宣も見てました。

でこのドラマ、原作は「チームバチスタの栄光」でおなじみの海堂尊、製作チームはザ・日曜劇場で「盛り上げるぞー」と言わんばかりの編成。
そんな中一番の不安要素が主演二宮和也!でした。
二宮のやる「渡海征司郎」というのは腕はいいけど冷酷な「オペの悪魔」と言われるキャラなので、チビで童顔で34歳でも大学生のほうが似合いそうな二宮には厳しくないか?と。
嵐で誰が好き?と聞かれれば「二宮」と即答するくらいには好きだけど、ここ数年映画メインの俳優業であまり見た事がなかった。
随分まえ「山田太郎物語」で誰もが王子様かと思う主人公を演じてて「えー⁈」と思ったし、「大奥」ではすらっと背の高い文武両道の主人公設定に「はぁ〜?」と思ったくらいで、いくら演技派と言われてる二宮でも、ここまでの見た目の不利をどうにかするのは難しいと思った。
そもそもいわゆる「イケメン」ではないし、見た目も役者の重要なスペックである以上、こういう役はどうなのかなぁ?としか思えない。
まして「嫌がらせか?」と言いたくなるような竹内涼真をキャスティング。
番宣で竹内涼真と、これまた意外と大柄の小泉孝太郎に挟まれてると正に「捕まった宇宙人」にしか見えないという……💧

それなのに、ドラマ見たらその不安はサクッと裏切られてしまった。いい方に!
登場時こそ「子供か!」と突っ込んでしまうし、オペを失敗した同僚に「一千万で助けてやるよ」とか「ブラックジャックかい!」とか思ったけれど、だんだん気にならなくなってくる。とにかくテンポよく話が進むのと、二宮がちゃんと「オペの悪魔」に見えてくるのだ。
いや、二宮凄いわ。
もちろんオペシーンでは台に乗ってるだろうし、背の高い共演者たちとの画角なんかも工夫はしてるんだろうと思う。
けれど何より二宮の演技の迫力と存在感で小ささが気にならなくなる。
迫力といってもただ怒鳴るとかじゃないんだよね。上手く言えないけど、声の出し方から二宮じゃない、渡海なんだよ。何が違うんだろう?普通に演じてるようで、確かに他の人とレベルが違う。
予告ではお遊戯にしか見えないシーンも、ドラマで繋がってるとやり手の外科医に見えるという、普通は逆だよねという状態だ。
確かに見た目が役に合ってればもっといいのになぁという残念な気持ちはあるけれど、思った以上にそのハンデを感じさせなかった。
すいません、役者二宮舐めてました‼︎

ほかのキャストもいい。
正直、竹内涼真は「イケメンかぁ?」と思ってるしあんまり好きじゃないんだけど、ドライブの時から演技は上手いと思ってた。悔しいけれども(笑)
今回は渡海とは逆の、キャリアも自信もない普通の青年の研修医で情けないところがいっぱいなんだけどそれが良く出てて、逆に体格の良さを感じさせないのだ。あー、やっぱりこの世代の俳優さんの中では抜けてるなぁ。

小泉孝太郎のいけすかない役もいい。すっかり俳優さんになっちゃって、以前はボンボンな感じばっかりだったのに、いつのまにか悪キャラもちゃんとこなせるようになって。
そして貫禄、教授役の内野聖陽はツッコミどころなし!見た目も芝居も、正にハマってる。

それに比べて女性陣はイマイチかなー。
そもそも心臓外科なので医者がオール男性。まあそういう方が権力闘争とかやりやすいし、現実にも外科医って女性少ないんだよね、確か。体力的なことなのかしら?
なのでメインキャラでは紅三点。
新人ナースの葵わかなはまあしかたない。このメンバーで戦えという方が酷だ。まあ新人でオタオタするだけだからなんとかなりそう。
看護師長で渡海の扱いを熟知してるベテランナースに趣里ちゃん。うーん💧まずベテランにはとても見えないのよ。小柄で童顔で。しかも演技もなぁ、いつ見てもおんなじ芝居。この役はそれこそ「A LIFE」の木村文乃くらいにはして欲しかったなー。
でやはり大丈夫か?の加藤綾子。今回はセリフ少なかったからある程度誤魔化してたけど、これ以上あったら厳しいぞ💧話にどれだけ絡むかが問題なんだけど、心配。
この枠はなぜか俳優以外をキャスティングしがちだけど、ちゃんと考えて欲しいんだよね。
小さな巨人」の春風亭昇太なんて、かなり大きな役なのに大根過ぎて辛かったー。

手術中に人が死にかけてるのにあーだこーだ喋ってる余裕ってあるのか?とか、そもそもなツッコミどころは色々あれどエンタメとしてはめっちゃワクワクした!
毎回見てるわけではないけど、自分がここ数年見た日曜劇場ではナンバーワンになりそうだ。
同じ演出家みたいだけど「小さな巨人」みたいにアップばっかりが減ってたし。アップあるけどね(笑)
なのに視聴率は日曜劇場としては低めらしい。そっかー、おもしろいと思うけど。

せっかくなので、先週金曜に二宮がラジオに生出演してたのを聴いてみた。
20代半ば、意味なく自信があるような頃で自分のやり方が出来つつある時にクリントイーストウッドという、圧倒的に上な相手から教えを受けたのが結果として良かったと言っていて、なるほどなぁと思った。やっぱりそういうの必要なんだろうなぁ。草彅剛で言えばつかこうへいだろう。「BG」を見て木村拓哉の演技の問題点に思ったところと同じだ。
そう、それこそ木村拓哉はこういうダークヒーローとかやるべきだったんじゃないのかね?
いつまでもイメージビデオみたいなのばっかりやってても仕方ないでしょ、オッサンなのだから。
そういえば、もう撮影済みだけど「検察側の罪人」で共演するんだよね。
こりゃー二宮が食いそうだ。
少なくともドラマ見る限り圧倒的に二宮は上手いよ。うん。