温泉とテレビが好きな私の日記

誰かに気を遣うことのない、思った事をそのまま書いてみるところ。タイトル変えました。

セルジオ越後のおっしゃる通り!(笑)

セルジオ越後氏、サッカー日本代表に強烈ダメ出し「10人の相手に1勝しただけ」

ネットニュース見てたらこんな見出しが目に入って思わず声出して笑ってしまった。
その通りだねー(笑)

スポーツ全般にあまり興味ないので、今回のワールドカップも全く見ていない。
まあ、結果はすぐに情報入るしそれで充分、直前の監督交代もどんなものかよくわからず、サッカー好きの友人に解説してもらったけどふーんという感じ💧
それでも予選リーグは突破して、ベスト16には入ったんだからまあノルマ達成でよかったんじゃないの?と思ってた。
確かに、始まる前はボコボコに言っていて、初戦勝ったらいきなり手のひら返す世論もどうなのかね?と思うのだけど、そもそも日本のサッカーがどのくらいなのかシロウトにはわからないのだ。
FIFAランキングでは出場チーム内でも大分下だけど、リアルな力の差ってどのくらいなのか?
サッカータレントとか元サッカー選手の解説者とかはみな「行けます!」「勝てます!」「突破です!」と盛り上げるばっかで、「いや、だから現実的にどうなんだー⁉︎そこがわかんないんだよー!」とモヤっとするから余計興味なくなるんだよね。
たまに見かけるスポーツニュースの海外のトップレベルの試合映像だと、もう同じスポーツか?って思うくらいスピードも何もかも違って、これがトップの中でも特別なのか、それともこのくらいは普通あるのかもわからない。スポーツ興味ない人間ってほんとそれくらいわからないんだよー。

今回「大健闘!」と盛り上がってたし、確かに決勝リーグ進出したからそうなんだろうと思ってたところにこの、セルジオ越後の容赦ない一言。
そうねー、初戦強豪に勝ってお祭り騒ぎだったけど、まとめて見れば4戦やって1勝1引き分け2敗かぁ。しかも10人。うんうん。
なんかこういう感じだからスポーツ興味ない組としては「はいはい」って思っちゃうんだよね。どうせメディアが盛り上げてるだけなのねって。
セルジオ越後みたいに辛口とまで行かなくても、冷静にどのくらいなものかを誰も言わずただお祭り騒ぎするから、興味ない人間が引いちゃうんだよー。
特に興味ない人間が見る機会がある情報番組のスポーツコーナーが大事だと思うのに、時間ないとはいえ「がんばれ!行ける!」で終わらせないでよ💧

女子モーグル上村愛子がオリンピック5回出場して、7位、6位、5位、4位、4位とついにメダルに届かず、いくらアナウンサーが「3位と僅差です!」と言っても4位は4位でメダルではないんだなぁと思った。
本人も本当に悔しがっていて、それはとても残酷な事だけれどだからこそスポーツの面白みなんだろうと思う。その容赦ない勝者と敗者の差こそがスポーツだろうと。
だから確かにサッカー日本代表は「健闘」したんだろうけど、一方でちゃんと「負けは負け」と言うのも必要なんだなぁ。
それをしないといつまでたっても日本が出てるのに乗っかって盛り上がる以上のサッカーファンは増えないでしょう。
セルジオ越後が必要とされるのすごーくわかったな。