温泉とテレビが好きな私の日記

誰かに気を遣うことのない、思った事をそのまま書いてみるところ。タイトル変えました。

「あさイチ」 プレミアムトーク ゲスト 勝間和代を見た

9月最終週の金曜、「あさイチ」プレミアムトークを録画して見た。

ゲストは勝間和代。この時間は芸能関係のゲストが多い印象だったのでちょっと意外。

この人のことは数年前のブームになった時に知って、でもさほど興味もないし、世間的にわりと強面なイメージなのが苦手かもと思っていたのだけど、今期最後の朝ドラウケを見たくて録画予約した。

 

いやー、大吉さん投げたよね(笑)

割と早くから大吉さんと近江アナは朝ドラにあまり興味無さそうなのが丸わかりだったし、朝ドラ好きの華丸さんも「朝ドラだから見てる」けど、内容には思うところあるのを笑いに変えつつしっかり出してきてたしね。

「私からは一言『急げ』」には爆笑してしまった。

「マッサン」の最終回前日には玉鉄とシャーロットが来て、有働さんはじめ皆が泣いていたのとえらい違いだ。ここに「半分、青い。」関係者をキャスティングしなかったNHK、本当の世の中の反応をわかってるんじゃ〜ん(笑)

Twitterで言ってるのを見かけて「確かになー」と思ったけど、以前いた柳澤解説委員(だったかな?)がいたら、あの安直な震災の扱いに何を言ったかはちょっと気になる。昭和のオヤジ発想でイラつかされることも多い人だったけど、局内の人なのにハッキリ物言うところは良かったかも。

初の朝ドラウケがこの駄作で大変だったよね。

3人ともお疲れ様でした。

 

で、勝間和代

意外と面白そうと思って全部見てみた。

はてなでやってるブログも何回か見たかなという程度の知識だけど、「ロジカル家事」というのは興味がある。

ネットで食材注文し、調理家電を駆使して極力手間を省いて美味しいものを楽に作るっていうのは憧れるなー。

まさに子供の頃見た「夢の未来生活」だよね。ドラえもんの道具みたい!(笑)

自営で基本自宅にいる時間が長いようだから確かに効率的だよね。自分も毎日必ず自宅で夕飯取るなら、あの切って計って入れてスイッチ入れるだけのやつ買いたい!いや、「欲しい」って言ったら「家で食べないでしょ」ってバッサリやられたので(笑)

北川景子が「キッチリレシピ通りにやるから料理上手いですよ」と言ってて、「そうなんだよー」と思ったことを思い出した。

自分を含めて料理下手な人ってレシピ通りにやれないのよ。調味料の量を「こんなもんかな」でやったりとか。

キッチリ切ってキッチリ計るってやるだけでも凄いと思います。自分は最近レンジ料理のレシピを試すの好きだけど、切るだけでえらい時間かかってるし。要領悪すぎる💧

こういうちゃんと理論づけて効率を考えて動く、っていうのを出来る人と出来ない人がいてねー。出来ない側からするとただただ眩しいわ。

家族が何人かいて、自宅いる時間が長いなら、この方法は効率もコスパもいいなー。

 

で、なによりも勝間和代の自宅の広さが凄いなぁ。さすがー、稼いでる‼︎(笑)

リビングが広いのも流石なんだけど、キッチンがめちゃくちゃ広い!なにこれー!

だってあの案外デカイ調理家電の数々が 10台以上並ぶんだものー!うわー、生で見たい(笑)

いいなー、いいなー(爆)

 

そしてこんな稼ぐ勝間和代が「怖い人と見られがちなんだけど、そう見られないようにはどうすれば?」という質問を挙げていて驚く。

いや、「経済評論家」という仕事だから、舐められないようわざわざ強面に作ってるのかと思ってたのに。

顔立ちがハッキリしてるのにさらに髪型もパキッとして早口で押しの強い話し方。見た目だけでもソフトにすればだいぶ違うでしょ。もう少しおデコに髪がかかるようにするとか。

視聴者から「口角を上げては?」とメール来てたけど、それは許してあげてー。自分もそうだからわかるけど、元々の顔立ちなの!笑っても口角上がらない顔の人っているのよー。それでふてくされて見られて気にしてるの。そこはやめて!(笑)

 

ロジカル家事や断捨離の話、これまでのキャリアの話をしてから、最近同性のパートナーがいる事をオープンにした事の話になった。

その前に、知らなかったのだけど発達障害だと言っていて、そんな勝間和代ですらその件をオープンにするのは人生最大の勇気が必要だったというのだから、まだまだなんだなぁと思う。

自分は身近にオープンにしてる人がいないからか、逆に何でそんなに否定するのかがよくわからない。他人の性的指向がなんであれ別に迷惑かけられる訳でもないし、なぜあそこまで叩くエネルギーがあるのかと。自分と違う事が気に入らないとしても、それを言ったら自分以外の人間は全部違うしなぁ。生理的に無理とか言うなら関わらなければいいだけで、叩く必要は無いのだし。まあ自分に理解出来ないものは攻撃してしまう人ってのはどうしてもいるから難しいか。

 

だからこそ、NHKの朝の番組で家事や仕事の話と並列に同性パートナーの話をするのは意味があるのかもなーと思って見ていたのだけど、さすがの勝間和代も固くなって、それまでペラペラ喋っていたのに声が震えていた。

それに対してMC3人はうんうんと聞いてはいるもののさっきまで程は口を挟まず、淡々と進行する近江アナ、頷くのみの華丸さん、「世の中も大きく変わってる最中ですから、そういう方も行きやすい世の中になるといいですね」とまとめる大吉さん。

う〜〜ん、こういうデリケートな話題になるとやっぱりまだまだ感がでてしまうなぁ💧

さっきまでの「ロジカル家事」の話題では、電化する事を「贅沢」「手抜き」という意見が出るだろうというところを想定して色々質問を投げかけていたのに比べると、いきなり固くなってしまったわ。

 

いや、別にこの3人が偏見持ってるだろうとは思わないよ。ただ、きっとデリケートな話題だから笑いにするのは違うかなとか、上手く言えなくて否定にとられないようにしなくては、とかあれこれ迷って、結果こういう当たり障りない対応になってるんだと思う。ある意味大人の気遣いなのかも。

でも、やっぱ「イノッチだったら…」と思ってしまうんだよね。

イノッチのフラットな考えを素直にスッと出してきたようなコメント。「あー、この人本当にこう思ってるんだ」と見てる人がストンと受けられると言うのは稀有な性質だったんだなぁ。

あー、ハードルは高いわ〜。

 

LGBTと一言で言っても、世間的に男性の同性愛者よりもさらに女性の同性愛者のほうがさらにオープンにしにくいと聞いたことがある。

性的マイノリティに対しての差別に加え、女性差別も加わるから。上の方にいるオヤジの発想では「男を必要としない」のは許さん!ということなのだとか。

その説が正しいのかどうかは分からないけど、実際に女性の方がオープンにしてる人が少ない印象はある。

だから、発達障害の件もそうだけど、勝間和代のような知名度のある人がオープンにして先頭切ってくれるのは心強い人も多そうだ。

少なくとも表向きは仕事が減るとかもしてなさそうだし、やっぱ意味あることなんだなー。

今まで興味無かったけど、勝間和代はなかなか面白い人でした。今頃ですが(笑)

「元気ない時どうしますか?」という質問に、「あんまりないけど、美味しいもの食べるかあとは寝る」と言っていて、「うん、信用できる!」と思いました(笑)

 

あさイチ」スタートしてちょうど半年、しょーもないけど立場上否定することの出来ないドラマへの対応スキルとか、デリケートな話題への対応とか、上手くなった事、まだまだ頑張って欲しい事、色々見えてきてなかなか面白い回でした。

来週からは 10月、「まんぷく」は期待できるし、朝ドラウケ含め「あさイチ」これからも楽しみにしてます。

しかし、あの調理家電欲しいなぁ。