温泉とテレビが好きな私の日記

誰かに気を遣うことのない、思った事をそのまま書いてみるところ。

「量産型リコ」 第1〜3話 さすがテレ東、企業案件も侮れないぜー!

テレ東ドラマといえば「孤独のグルメ」を筆頭にグルメドラマが面白いですが、それ以外の深夜ならではスキマ企画ドラマも結構面白いです。

深夜枠の自由さで12話あったり5話完結だったりと、内容に合わせて長さも調整されているので薄くのばされたりすることもない。

元々は原作物が多いですが、オリジナル企画も増えてます。

 

で、現在放送中の「量産型リコ -プラモ女子の人生組み立て記-」です。

女の子がプラモを作る話というので気になって視聴。「量産型」の言葉からお分かりですが、BANDAIがガッツリ入っている企業案件です。

もちろん、初回で作るのは「量産型ザク」‼︎

当然です❗️(笑)

 

イベント会社に勤めて3年目のリコ。

窓際部署の中でもさらにのんびりぼんやりと日々を過ごしている。

そんな様子を意識高い系の同期に「お前って量産型な」と言われ、先輩に「そうですか?」と聞くと「量産型だねぇ」と言われる。

帰り道通りがかった模型ショップにふらっと入ったリコは「量産型ザク」に目を止める。

そして店主と店員に導かれるままに初めてプラモも作り始める…。

 

と、あらすじ読むと「なんだそれ?」な感じなんですが、これが想像以上に面白かったんですよねー。

「量産型女子」であるリコが自分の日常にふと疑問を持ち、プラモ作りをキッカケにちょっとだけ何かを考えて何かを学ぶ。

ちょっとだけなので大きな出来事にはならないけれど、だけど何かはちょっとだけ変わる。

そんな「ちょっとだけ」な感じがなんだか凄ーく、腑に落ちるんですよ。

働いて生活しての普通の毎日には、大きな出来事はそうそう無い。でも何も無いわけじゃないこの感じがなんだかリアル。

何の熱もなさそうな淡々としたリコも、何にも考えてないわけではないし、かと言ってやっぱり熱い訳でもない。

わかる〜。

 

BANDAI案件なので(笑)考えるキッカケがプラモなんだけど、結構そんなものかもなと思わせる。

プラモ制作シーンは無理にセリフをのせず淡々としてるんだけど、この無心で作業する時間っていうのが頭がクリアになって気持ちが整理できたりストレス解消になる感じもわかるんですよね。そしてできた時の達成感。

気持ちいい!

 

そしてこの、一見無駄なものに(このドラマではプラモ)めちゃくちゃこだわりの説明を入れてくるところがさすがテレ東ドラマ。

テイストとしては「お耳に合いましたら」に似てるんだけど(脚本にマンボウやしろが入ってたりとかがかぶる)、こっちの方がずっと面白い。

それは扱ってるものが「プラモ」という知らない人は全然知らないものなので、このこだわりの説明にワクワクして「なんか凄そう」と期待が持てるのだ。

「お耳〜」ではそれがチェーン店の食事、通称「チェンメシ」だったのがイマイチだった理由だった。結局想像がついてしまうので、いくら美味しそうに食べて見せても「そんなにかなぁ?」と思っちゃうんですよね。

そういう意味でも「プラモ」のチョイスはなかなかいい。

 

全部ガンダムでいくのかと思いきや、2話ではスポーツカーを知りたいとまさかの他社商品のカーモデル(アオシマ提供)!

初心者にカーモデルの塗装はハードル高くない?と思って見てると、「特別だ」と店長がエアブラシで塗ってくれるのが逆にリアル。

おそらく本当にリコ役の与田祐希が作っているようなので(だから筆塗りだったりランナー処理が雑)、こういう抜け道って初心者のとっつきを良くしてくれそう。

そして3話では、口は立つけど中身ゼロの後輩真司とエヴァ初号機を作成。うん、シンジだからね。やっぱりBANDAIだー!(笑)

 

この意外な面白さはキャスティングにもある。

主人公リコを演じるのは乃木坂46与田祐希

前に「時期エース候補!」と雑誌の表紙になってるのを見て「へーかわいいね」と思った事があった。

だけど「日本沈没」に出てるのを見たらびっくりするくらい目立たなくて、それは「役が脇だから目立ち過ぎないようにしてる」のではなく、明らかに「個性の強い俳優陣の中で埋もれてしまっている」目立たなさだった。

それはやっぱり、広瀬すずのようなひとりで舞台の真ん中に立つのが必然というような魅力と、グループアイドルになるような子の違いだ。

乃木坂46は他のグループアイドルと比べても、一般的に綺麗と言われるタイプの子が多いと思うけど、どの子もドラマにくるとびっくりするくらい無表情で棒読みで目立たなくなる。

それはもう、グループアイドルと俳優の求められるものの違いなので仕方がない事だ。

このドラマではそんな乃木坂46与田祐希のまさに「量産型」なところを上手く使ったキャスティングが上手いなぁと思う。

一方で、ハッキリキッパリした先輩役は藤井夏恋

この人は確か…と思ったらやっぱり元E-girls

同じグループアイドルでも、乃木坂46E-girlsのカラーの違いがそのままこの2人と2人の役柄に反映されていて面白い。

この前までやってた「メンタル強め美女白川さん」で主人公のタイプの違う先輩2人に、元AKB48野呂佳代秋元才加をキャスティングしていたのと似てる。

こういうところもテレ東ドラマ面白い。

 

リコの同期と一期後輩役には前田旺志郎望月歩。もうすっかり安定の2人。

ジャニーズとかグループアイドル系とかの主演やメインの演技が心許ない時の同級生や同期としての下支えキャストとして大活躍ですよ。

なんか必ずどっちかはでてるもんなぁ。

さすがー!

 

行きつけ模型ショップの女性店員が、あまりに棒読みで今どき実写なのに「〜っす!」って語尾のキャラで「何事ー⁉︎」と思ったら、BANDAI企画でプラモガールズプロジェクトのメンバーの子でした。なるほど。

川口名人とか絡んでて、やっぱり企業案件だー(笑)

でも他社プラモも出すところが潔いですね。

 

という事で、意外な良作「量産型リコ」。

面白くて1〜3話は一気見してしまった。

4、5話はまだ見れてないのでこの週末の楽しみにしている。

やっぱりテレ東ドラマは侮れないなー。