モカの日記

誰かに気を遣うことのない、思ったことをそのまま書いてみるところ。

「ひよっこ」第10週 いよいよ自立に向かってガンバレみね子‼︎

珍しく土曜の放送をリアタイして、
‥‥土曜の朝から鼻垂らして泣いてしまったよ‥‥💧
みね子ぉぉ〜ガンバレよぉ〜💦

先週ひたすら泣かす泣かす、それに対して今週は、新しい場所へ移動する説明週かな?と思ってみてた。
が、もう金、土で全て持ってかれたよー💦

先ずは月曜、満を持してのヒロイン相方枠、竹内涼真登場!
とにかくいい人ばかりのひよっこ界において、初めてのチョイ辛辣キャラ。
道の真ん中で財布を開け、すれ違う人にぶつかられ小銭をぶちまけるみね子。
このぶつかったおじさんも、フツーのドラマなら「おい!気をつけろよ!」「ボーッとしてんじゃねー」と来るところ、「大丈夫かい?」とお金を一緒にに拾ってくれる。
あーさすがひよっこ、モブまでいい人!(笑)

で、そんなドンくさいみね子をずーっと観察、欠点まで見抜き、キッチリ指摘してお金も拾ってくれる竹内涼真
辛辣キャラと言っても、筋は通ってるしごくマトモな人だ。
そしてこれはある意味みね子にとって初めて東京で出会った「他人」なのだ。
警官の綿引さんはじめ、見ず知らずの女の子にみんな優しい。
それはきっと田舎からきた女の子に対するもので、対等に見ていないからだ。
ひよっこ」であるみね子に優しいのはみな分別のある大人で、みね子は庇護すべき対象だ。
それに対し、竹内涼真は初の「大人としてのみね子」に対応した相手なんだ。

あー、これは恋の予感しかないねー!(笑)
今まで出たヒロイン相方候補、警官の綿引さんや、見習いコックくん、みなただ優しい。
でも、ドラマで恋に落ちるにはそれだけでは物足りない。
優しい優しい綿引さんではあくまでもお兄ちゃんなのだ。
対等にぶつかって、欠点までさらしてそれで見える姿にそれでも惹かれてしまう、これぞ恋愛エピソード!(笑)
明らかに今までのキャラクターとは違う登場の仕方で、竹内涼真が特別な相手なんだとわかる。
あーなんてうまい脚本なんだろう〜!

そしていよいよメイン舞台、すずふり亭に登場することが決まるみね子。
愛子さんと最後の時間を過ごす。
そして「東京のお姉さん」である愛子さんの計らいで奥茨城へ帰省。

ひたすら眠くて眠くて、眠り続けるみね子。
見てたら泣けて泣けて泣けてもう!
この子は、4月に東京に出て年末までの9ヶ月、ずーっとずーっと気を張って生きてきたんだね。
東京に行きたい!という時子と違い、状況の変化である意味流されて東京にやってきた。
奥茨城が大好きで18年間ここにずっといると信じて疑わなかった子が、大都会で必死にやってきた。
乙女寮のみんなは優しくて仲良いけど、愛子さんも和夫さんも松下さんもいい人で、時子も一緒で仕事は楽しいけれど、
だけど楽チンなんかでは全然なかった9ヶ月。
それが、奥茨城に帰って、家族の顔を見て、お母ちゃんのお雑煮食べて、やーっと緩めることができたんだ。
ううう、頑張ってたねーみね子〜💦
ゆっくり休むんだよー。

あらすじ知ってる人は先々みね子がすずふり亭に勤めるのもわかってて、
じゃあ向島電機編は必要だったのか?ってツッコミをちょこちょこ見たけど、それは違う!
絶対に必要だった。
ひよっこ」であるみね子が、大人に向かう一歩手前、モラトリアム期間、それこそが向島電機編なんだ。
今日の放送見てそれがしっかり伝わった。

奥茨城から帰り、初めての自分の部屋に戻るみね子。
初めてのパンツ姿。そしてお母ちゃん手作りのあの赤いコートも着ていない。
ついに「ひよっこ」からの脱皮をはかるんだ!

優しい仲間ばかりの乙女寮とは違い、あかね荘のメンバーはなかなか面倒そう。
これも大人になったみね子ならなんとかなる!
ここからが本当のみね子の東京生活なのかもしれないな。


しかし、愛子さん、和夫さん、松下さんはその後大丈夫なのだろうか?
愛子さんは出そうだけど、あとの2人は‥。
心配なのはもう知り合い気分だから?(笑)

にしても、すずふり亭勤務、毎日まかないが食べられるだけでも幸せだ。
あの鈴子さんなら心配して夕飯ももたせてくれそうだし。
食生活はリッチだぜ!みね子‼️