温泉とテレビが好きな私の日記

誰かに気を遣うことのない、思った事をそのまま書いてみるところ。

「メンタル強め美女白川さん」 完走! 女子社会はシビアだけれど、それでも未来は明るいぜ!

遅ればせながら4月期ドラマの「メンタル強め美女白川さん」を完走しました。

 

元々ネット広告がよく上がっていて原作はマンガだというのは知っていたし、主演が井桁弘恵ちゃんなので見始めました。

いきなり初回冒頭で「妖怪・お菓子外し」が登場、きゃっきゃふわふわしたお話なのかと想像していたメンタルをたたき折られます。

「えーっ⁉︎そ、そんなにシビアなドラマなのー?💦」

 

ちなみに「お菓子外し」とは、お土産などのお菓子を配る際、気に入らない人はスルーしてお菓子をあげないことだそうで、「え?会社でそんな人本当にいるの?」と思ったのですが、ネット見てるといるみたいですねぇ。

コワ…💧

 

主人公の白川さんは「私は私、可愛く強く!」がモットーの会社員女子。

美人で男性社員からちやほやされるため、女性達の反感を買いがち。根も葉も無い噂を流されたりハブられたり。

それでも前を向き白川さんは毎日強く美しく生きていくのだ。

 

白川さんはメンタル強めですが、それは空気が読めないとか無神経というのではなく、色々な思いをしてきたからこそ、まずは自分で自分を大事にする事を身につけてきた。

そしてそんな白川さんに影響を受けた同僚が、ひとり、またひとりと、白川マインドを身につけて前を向き、白川さんと一緒にこのシビアな女子社会を生きていく。

白川さん自体はある意味ファンタジーな存在なのだが、白川さんに影響され親しくなっていく同僚たちはいかにもいそうてわかるなぁという悩みを持っていて、そんな彼女達がちょっぴり救われちょっぴり強くなっていくのが見ていてほんわりする。

このドラマは白川さんを介した「私たち」の物語なのだ。だからついつい引き込まれてしまう。

エピソードはありそうなだけに「ウッ」とくるのだけれども、ナレーションや主題歌の明るさと締めの白川マインドで視聴後感が良く、「明日もがんばるか〜」と思わせてくれる。

女子社会はシビアだけど、それでも結構悪く無いものですよ、と。

 

白川さん役はドラマ初主演の井桁弘恵

事務所がプッシュしてるのか、最近はバラエティ出演も多くて絶賛売り出し中。

長身美女なのですが元々の持ち味がクール系なので、ぶりっ子系の白川さんにはちょっと合っていない。低い声なのでなおさら。

上手い俳優だと声のトーンや仕草でもっと白川さんテイストを出せるだろうけれど、そこは残念ながらまだまだ技術不足。

それでも華やかな美しさで見栄えが良いので主役としてちゃんと中心にいたのは良かった。

まだまだこれから、期待したい。

 

おっとり先輩役の野呂佳代とサバサバ先輩秋元才加はバッチリハマり役。どちらもAKB出身ながら主流路線じゃなかったっていうのがなんか面白い。アイドル向きと俳優向きってやっぱり違うのね。

そしてなんと言っても良かったのは、気弱後輩女子役の東野絢香。マンガそのままかー!と言うほどピッタリだったし演技の加減も良い。

後輩スイーツ男子役の美 少年 佐藤龍我は演技はまだ拙いけど雰囲気がハマっててキャスティングが上手いなぁと思いました。

 

ちょっと残念だったのが同期女子役の藤野涼子

白川さんの事を好きなのだけどコンプレックスを拗らせていて今や口も聞かないという難しい役。

藤野涼子の演技は上手いんだけどリアル寄りな芝居で、白川さんのファンタジーでマンガ的な演技といまいち馴染まない。

設定からしてももう少しマンガ的な方に振った方が良かったと思う。これは藤野涼子の問題というより演出がバランス取るところだと思うけど。上手い人なだけに残念。

 

まあ、そういう細かく気になる箇所はあれど、深夜に見て「ふふふ」となれる、なかなか魅力的なドラマでした。

マンガもまだまだあるしシーズン2もあればいいなぁと思いました。

「鎌倉殿の13人」第37話 謎の呪文は幸せの思い出

前回放送後発表されて以来、視聴者を「???」と悩ませてきた謎のサブタイ回「オンベレブンビンバ」。

死者は出ないのに泣いてしまいそうな切ない回でした。

 

時政が執権になって以降、義時との軋轢は大きくなるばかり。破滅はもうすぐ目の前。

義時と政子はなんとか収めようと努力しますが、時政は腹を決めてしまった。

そして久しぶりに時政は義時や政子達と酒を酌み交わす。

「オンベレブンビンバ」と唱えながら。

かつて一族で集まった時、まだ元気だった大姫が唱えた謎の言葉(正解は「オンタラクソワカ」)を唱える時政は、破滅に向かっているとわかっていながらりくの望み通りにしようと腹を決めている。これは最後の家族団欒なのだ。

 

あー、毎度ながら三谷幸喜にやられまくってしまう。

そもそもいかにも「家族を愛する気のいい田舎武士」な時政がどうやって義時と決裂していくのか。ずっと気になっていた。

自分のやるべき事もやりたい事も済んでしまった時政は、愛おしい妻の望みを叶えてやるために破滅を選んだのだ。

人は変わる。けれど変わらない。

権力を手にして調子に乗ってしまっても、それもふくめて時政父上はずっとあの父上のままだった。

だからこその展開がこんなに納得させられるとは、やっぱり三谷幸喜は恐ろしい。

 

大姫が謎の呪文を唱えた時にはまだみんないて幸せだった。

あれから義時は妻を亡くし、政子は夫と3人の子供を亡くした。実衣は夫と息子を亡くし、時政はりくとの間の息子を亡くした。娘婿の畠山、稲毛も粛正された。

仲のいい幸せな家族だったはずなのにどうしてこうなってしまったんだろう。

そういう時代だから?

考えても考えても答えは出ない。そこまで含めて三谷幸喜のてのひらの上だ。

 

毎回目が離せなくて、ちゃんと感想がまとまらないうちに次回が来てしまう。

それもいいなぁと思わさせるのが三谷幸喜

俳優も全て恐ろしいくらいにハマっているけれど、やはり時政父上の坂東彌十郎は出色。

これだけの演技と存在感なのに一般視聴者はほぼ未見で新鮮という矛盾した存在のキャスティングが出来ることが大河の強みだなぁと。

そして、かつてはヒロイン立ち位置であった宮沢りえの悪女キャラがこんなにも美しく、愚かなんだけれどなんか理解できてしまうのがもう。宮沢りえ、素晴らしい。

 

来週はついにこんな2人が退場という大きな山場に備えて、ぐっと奥歯を噛み締め腹を括って待ちたいと思う。

 

 

なんかもう「大奥」どうでも良くなってきた…

はーい、楽しみにしていた「吉宗・水野編」のキャストがぬるっと発表されましたー!

 

水野・中島裕翔、吉宗・冨永愛、杉下・風間俊介、加納久通・貫地谷しほり、藤波・片岡愛之助

 

うーん、なんかもうどうでもいいや。

どうやら原作通り「吉宗・水野編」からスタートするようですが、そしたら後々の老齢の吉宗はカットなのかしら?

冨永愛はイメージは悪く無いけど演技できるの???ポイント出演ならともかく吉宗ですよ?

まあ久通はいいとしても、中島裕翔かぁ。

これ、宣伝記事では吉宗じゃなく水野が番手が先なんですけど、これはジャニーズに気を遣ったのか、それとも水野は後半出ないからここはメインということなのか。

中島裕翔はイメージ合わなくは無いけど、山田くんと比べると主役的な華がなぁ。最近は良くなったのかしら?

そして杉下…。いや風間俊介は演技上手いけど、杉下はシュッとして渋くて枯れた人なのよ!風間くんは見た目のハンデをいまいち払拭できてない感じなんだよなぁ。

そして、藤波って愛之助使うほどの役???

うーん…。

 

やっぱりNHKとはいえ、大河や朝ドラレベルのキャスティングを期待した自分が間違ってたよ💧

この分だと吉宗の後半生から娘達のあたりは飛ばされそう。

後半のメインは青沼、平賀源内あたりかなぁ?

大政奉還までやるっていうのがなんか怖い。

吉宗の後14代くらいまで飛んだりして。

 

まあ、見るよ、見るけども…。

でもこれくらい期待が下がってたほうが見た時上がるかな。

そうとでも思わないとね。

「大奥」も「クロサギ」も、何でもかんでも山本耕史に頼り過ぎだー!(笑)

「大奥」キャスト発表第二弾、「綱吉・右衛門佐編」が発表になりました。

綱吉・仲里依紗、右衛門佐・山本耕史桂昌院竜雷太、です。

うーん、まあ合ってるかな、とは思います。

家光編もだけど、良くも悪くもNHKっぽいというか、華やかさにこだわってないですね(笑)

基本知られてはいるけど2番手3番手のキャスティング。

やっぱりちょーっと、ワクワクが足りないかな(笑)

 

でもまあ、仲里依紗山本耕史もあってると思います。

若い時から高齢まである役のとき、どのくらいの年齢の俳優さんをはめるのかが考えどころだと思うけど、綱吉・右衛門佐は大人の恋愛なので上めできましたね。

右衛門佐は策略家なのでそっちをとっての山本耕史かー。公家出身の美貌はしまっときますか(笑)

桂昌院竜雷太ということは、有巧の晩年も交代か。ほんと、こういう長い人生をやる時の俳優交代劇は難しそう。

それでも「美貌」はともかく、山本耕史なら大丈夫でしょう。それくらいに信頼は万全!

同じ日に「クロサギ」出演も発表されましたが、もうみんな山本耕史に頼り過ぎだよ!

そりゃなんでもできるし安心だけども、あまえてない?もっと発見していかなきゃー。

 

発見といえば「クロサギ」には坂東彌十郎さんも出演が発表。

鎌倉殿の放送が始まると大泉洋が「弥十郎さんが見つかっちゃうなぁ」と言ってたそうですが、ほんと見つかっちゃったなぁ。

この貫禄を出せるのは貴重!

今60歳前後の男性俳優さんは、メインどころが「バイプレイヤーズ」のせいで主役級になっちゃって、かわいい役が多くなってしまい、企業の幹部とか組織の大物的な人が足りない感じなんですよね。

「相棒」でもそのあたりの役を70オーバーの人ばかりで、でも70オーバー人材は減っていってしまうし💧、50代の人はまだ見た目若くて合わないし、明らかに人材不足。

だから最近竜雷太ばっかりですよ。

そこへ香川照之休業がきてしまったので、弥十郎さんは明らかに救世主!

貫禄あって当然上手い。ありがたい。

今回は金曜10時ですが、日曜劇場登場も近いでしょう。

クロサギ」は興味なかったんだけど、弥十郎さん出るなら見てみようかな。

しかしまあ、こうやってみると人材不足なのかしらね。

頑張ってー。

 

「石子と羽男」〜第9話 新井&塚原チームの画面の美しさにいつも見とれる

あとは最終回を残すだけになった「石子と羽男」。毎週楽しみにほぼリアタイで見てます。

期待はしていたけれど不安もありました。

有村架純中村倫也という安定したキャストに新井P &塚原監督コンビというのは魅力だったのですが、脚本が西田征史だったのが不安要素。

実はここ数年で自分の中でワーストの方に入る朝ドラの「とと姉ちゃん」の脚本家なのです。

もはや炎上がルーティーンになっている「ちむどんどん」ほどではないにせよ、当時も結構荒れていて、確かインタビューで「SNSは一切見ないし意見は見ない」と答えてて「見ろよー」と炎上してました。

自分も「ちむどんどん」はまだ見てますけど「とと姉ちゃん」は途中で脱落したくらいですし。

タイバニはハマるほどではなくてもそこそこ面白かったのにどうしてこうなった?と残念に思った記憶があります。

 

それが、初回こそ「地味かなぁ?」と思ったものの回を重ねる事にじんわり染みる素敵なドラマができあがってるじゃないですか!

ドラマスタッフと言うとつい「脚本家は?」と思いますが、この新井P &塚原監督コンビで、視聴者に「ドラマをプロデューサーと監督で見る」楽しみを教えてもらいました。

 

このチームの良さはなんと言っても「こういうものに興味があってドラマにしたい!」と言う意志が明確な所です。

見ていて「はぁ?ちゃんと調べたの?描き込み薄っす〜!」ということが全くない。

前にインタビューでも言ってましたが、旬なネタをすぐ扱えるテレビドラマの強みを存分に生かしてるんですよね。

今回で言えば、リーガルものといっても身近なちょっとしたトラブルを扱うところがなるほどなぁと思います。それでいてしっかり考えてるなぁと感動します。

3話のファスト映画のエピソードで、それをやられた監督がやった人間の謝罪を受け入れず許さない、というのにはジーンときました。

綺麗事じゃなく、起きている問題に正面から向き合って考えているんです。

 

それから、「アンナチュラル」「MIU404」でも扱っていた、行き場のない未成年のエピソードを見ると、こうやってずっと考え続けている大人がいるんだと言う事をあらゆる手を使って届けようという姿勢に感動します。

 

と、内容的にしゃべりたいことは山盛りなのですが、先週の第9話でこのチームの根本の魅力的をしみじみと感じました。

とにかく、画面が美しいんです!

 

今回弟を庇って逮捕された赤楚衛二演じる大庭の無実を石子と羽男コンビが晴らす。

その大庭が勾留を解かれ警察署の外に出た時に見上げた青空の色が…。

眩しくて涙出そうになりました。

大庭の晴れやかな気持ちが伝わってくるような青空だった。

ドラマはもちろんストーリーが大事だけど、この画面だけで伝わるものをスッと受け取れる、こんな楽しみがあるからたまらないんだなぁと思いました。

素晴らしい。

 

明日にはもう最終回。

めちゃくちゃ残念だけど早く見たい。

うー、楽しみ。

「ユニコーンに乗って」完走! 細かいところはともかく、元気の出るドラマでしたよ〜

ユニコーンに乗って」を完走しました。

TBS火曜10枠らしい、爽やかな青春ドラマでなんだかんだ楽しく見てました。

 

そうなんですよね、恋愛ドラマでもお仕事ドラマでもなく正に「青春ドラマ」でした。

公式でも「大人の青春ドラマ」うたっていた通り。

なので正直、お仕事描写はシロウトからみてもつっこめてしまうくらい甘いし、恋愛物だけとしても描写は甘々。

でもおそらく、全10話の枠内で全てをキッチリ描くのは無理だろうと割り切って「青春」に振り切ったのが見ていて心地いいドラマに仕上がった要因だと思います。

仲間がいる所に新しい仲間がやってきて、お互いに影響しあいそれぞれの殻を破って新たな道を見つけていく。

おー、これぞ青春!

この、文字にすると恥ずかしいばかりの青春を堂々と臆面もなく描いたのがこのドラマの良さです。

 

そしてその良さを成り立たせていたのがピッタリの俳優陣。

主演の永野芽郁はどことなく垢抜けない感じが、流行りのスタートアップ企業CEOというウッカリすると現実味ゼロの設定に説得力を持たせている。ちゃんと「いそう」なんですよね。

これまでもまだ若いのと見た目から「とにかく一生懸命!」な役が多くて、もう手慣れたものです。

杉野遥亮は見栄えも育ちもいいボンボンというのがピッタリ。こちらは見た目優男な割にこういう役は少なかった感じですがハマってます。

そして何より西島秀俊です。

この人の役柄を上手く当てはめたのがこのドラマの成功かと。

年相応の知見がありながら、20歳以上年下の人間のことも敬意を持って接する事のできる柔軟さ。40代になっても新たな夢を追える情熱。

ある意味この中で一番「いないよ」な設定なんですが、それをチャーミングに具体化してくれたからおとぎ話のような展開もありそうに思えました。

凄く練られて深いドラマはもちろん面白いのですが、考えこまずにサクッと楽しめるドラマはまた別のものとして面白い。

ストーリーが軽めな分、キャラクターの魅力で見せるドラマでした。

 

あとやっぱり広末涼子はさすがだなぁと。

出番は少ないのですが、ちゃんと主役を霞ませず、でも出てくると画面が華やかでキャラの存在感も出す。

「ちむどんどん」の鈴木保奈美を見てても思いましたが、一時代を築いてきた人は存在感が違う。出てくると華やかだしドラマが締まる。

このドラマはメインが若く、キャラクターも善人ばかりで一歩間違うとお花畑なところを、違う世代の人が出てきちんとした演技を見せることがドラマにリアリティを出すんだなぁと納得しながら見てました。

毎回見終わったら何か語らずにはいられないー!というのだけがドラマの魅力じゃないんだぜ、と確認できるドラマでした。

こういうのもいいよね。

 

「大奥」家光編キャスト発表! …すまん、テンション落ちちゃった💧

9月にの予告通り、「大奥」家光・有巧編のキャストが発表されました。

 

家光・堀田真由、有巧・福士蒼汰春日局斉藤由貴

……すみませんけど、めっちゃテンション下がってしまった💧なんかもうどうでもよくなるくらい。

 

うーん…期待しすぎたかぁ…。

確かに通しで全部出るキャラがいないので、全体を引っ張る「ザ・主役‼︎」っていうのがいないのはわかる。そもそもが群像劇で強いて言えば「大奥」が存在した時代が主役なんだとは思うよ。

けど、この大企画のトップバッターが堀田真由かぁ…。

 

いや、いい女優さんだと思うし、年齢の割に上手いし、正直家光はハマると思う。

けどね、「主役〜!」な華が無いんですよー!

全体が半年としても、おそらく家光編は3話くらいでまとめるのだろうし、全体の中で一番メインキャラといえば吉宗だと思う。登場期間も長いし。

けど、トップバッターはドーンと華やかに行って欲しかった!

「堀田真由ちゃんでえー?と思う人は『いとしのニーナ』を見てほしい」というコメント見たけど、それを見てるから「えー?」と思ったんです…。

俳優には残酷なことに、上手い下手じゃない「華」ってものがありましてね…。それはもう努力じゃなんともならないというか。

元の容姿に引っ張られず、演技で「美形」や「ブサイク」を演じられる人っているんですよね。まだそこまでではないかな。

単館映画みたいなのならともかく、この「大奥」のトップバッターが…。

これなら原作通り「吉宗・水野編」で始めればいいのになぁ。

 

そして、福士蒼汰ですよ。

顔はいい。けどそれはそのへんの気のいい兄ちゃんとしての良さで、「やんごとなき血筋のお方」ではないです。

トークとかしてるの見ると性格はいいんだろうけど、その本人の「気のいい兄ちゃん感」がどの役でも消せてない。そこまで上手くない。

ネットで先々出てくる瓜二つ設定の役に中川大志かー!と盛り上がってたけど、だったら両方中川大志にやって欲しい。彼なら演じ分け余裕でしょ。「真田丸」の時のプリンス感ときたらもう!

福士蒼汰はアクションは上手いそうだから、確かに水野とかのが良かったのでは。キャラ近いし。

 

まあ、斉藤由貴はなんの問題はないし、あとは玉栄が誰かしらねー。

テンションダダ下がってしまってすまんが、期待しすぎなくて逆にこの先いいかもね。