モカの日記

誰かに気を遣うことのない、思ったことをそのまま書いてみるところ。

「コウノドリ」第1話 「感動した!」で済ませていいものか?

いよいよ楽しみにしていた「コウノドリ」も2期が開始。
当日は生番組もずっとハシゴで宣伝。座長綾野剛はフル出演だけど、間は何をしてるのかしらね?大変だ。

第1話視聴。面白かった。面白かったんだけど、何だろう、1期よりモヤモヤする。
エピソードが多いのが気になった。メイン妊婦が2人。サクラ担当の聴覚障害をもつマナと四宮担当、キャリアウーマンの彩加。1期ではサクラの担当妊婦がメインなことが多いけど、今回は同列。それにサクラが出向(なのか?まだ明かされず)先の離島で2人、さらにサクラが何かあった原因らしい回想のみの芽美。
1時間15分にこの量はさすがにちょっとキツイ。しかもドラマだから当然なのだけど、皆トラブル続きで立て続けだからね。
いや、この量を上手く入れ込んでいて脚本も演出もすごいと思うけど、1期にあったちょっとホッとするゆるい雑談シーンなんかがもう少しあれば。初回で説明が多いのは仕方ないけど。

それでも製作側の覚悟を感じたのはある。
1期は視聴率は割と良くて(だからすぐ2期の予定が立ったんだろうけど)、でも始まった当初は「キャストが地味」と言われていたそうだ。
が、2年の間に出演者がみんなブレイクして、この人気俳優たちのおかげである程度の視聴率の担保ができたからだろう、内容が1期よりチャレンジングだ。
聴覚障害というのは誰もが自分の体験にはできないけれど、キャリアウーマンの彩加が仕事から離れる不安、1人での育児への不安は身につまされる人も多いだろう。ネットで調べ過ぎて迷走するとか、あるよねー💧次回以降、産後うつの展開もありそうで、なかなか突っ込んだ内容だと思う。
スッキリ痛快なドラマばかりが人気が出る中、こういう内容を扱うことに敬意を表したいなぁと思った。ただ「感動した」「泣けた」ってドラマじゃない事が逆に頑張ってる。

まあ、だからこそ緩急つけてゆるいシーンがもう少しあるといいんだけどね。
今回の個人的ツボは、ゆとりジュニアの研修医に「邪魔するな」とクギをさす四宮の「見上げながらの見下し」出演情報見た時から「う、デカイなー💧」と思っていたのだよ(笑)

色んな案件が平行するのが「コウノドリ」のリアルなところだし、先の展開も楽しみだ。1期のナオトくん家族が出てたのは「ああ、確かに続いてるんだなぁ」と思えて良かった。
そういえば、2期に合わせて1期の再放送やるかと期待してたのにやらなくて残念。CSですらないし。Amazonプライムや配信ではやってるけど、テレビで見たいんだよね。うちのパソコンいまいちで、1期は全部スマホで見たので。
1話ゲストの清水富美加がネックなのかしら?
やってほしいなー。