温泉とテレビが好きな私の日記

誰かに気を遣うことのない、思った事をそのまま書いてみるところ。タイトル変えました。

台風一過です

台風19号が過ぎました。
幸い自分の周りは大きな被害もなく通常生活に戻りましたが、あちこちでの被害状況に「うわー」と呆然とします。
本当に大きい台風だったのだなぁと。

11日金曜帰宅後、日曜までは籠る予定だからこの機会に溜まりに溜まった録画を消化しよう!と思ったのですが、勢いが強くなる前は前で「いつ来るか…💧」とドキドキしてスマホ見ながらNHKの台風情報を見てしまい、台風のピークが来たら来たで、時々鳴るスマホの警報にビビりながらNHKの台風情報を見る、という状態で意外と消化できず。
まあ、そんなものですよね。
あとは、テレビとスマホを見ながら、万一の時用にバッテリーや乾電池を充電したり黙々と氷を作ったりと微妙に緊張しながら過ごしてました。

自分の住居あたりでは被害が出るとすれば浸水が一番可能性があるので、いざという時の避難場所も確認したのですが、当然近くの小学校なので、体育館より2階である自宅の方がいいのでは?と他のアプリで検索したら、まさかの近くの河川敷しか出なくて「こら!殺す気かい‼︎」と思わずつっこんだ。
あとは自治体の出張所とかだと2階もあるんだけど、高齢者や障害者優先なので普通の大人だけで真っ先に行くわけにも行かないよなぁと。
今回は何ともなかったですが、次引っ越す時は念のため3階以上にしようかなと思ってしまいました。

それにしてもこれだけの被害を見ていると、鉄道が計画運休したのは効果あるんだなーと実感。物理的に人が出かけないだけで少なくとも人的被害は減るのが明らかなのが納得できました。どうしても当事者意識のわかない人っているからなー。

12日土曜の昼くらいまでは、Twitterで「予報図を見ても長野は台風来ないです、素晴らしい」的なツイートがまわってて、「へーそうなんだー」と思っていましたが、一夜明けたら千曲川の氾濫で今回一番長野が被害が大きいんでは?という展開にひく。
本当、当事者意識大事。
新幹線が水に浸かるという映像にはクラクラしましたね。あれ、後日責任問題で荒れそう…。
60年以上前の狩野川台風並みという規模ながら、人的被害の少なさに先人の知恵と努力を思うという、ベタですが大事よねと言うことを考えてました。
ダムとか放水路とか普段まるで興味無いけど感謝します。今回きっとつきっきりで管理していただろう人達にも。

明けて13日日曜日は正に台風一過の晴天でした。
先日の15号の時は風がすごくて、近所のマンションの金属製のゴミ置き場が吹っ飛んでたりと道路の飛散物が多かったですが今回はさほどでもなく、なんか静か過ぎて申し訳ない気分になりました。
1日籠ってたのとあまりの天気の良さにお昼食べがてらぷらぷら散歩。
ちなみに避難場所の河川敷はガッツリ水の中でした。ですよね。

台風前、舞い上がって買い物しまくったのはほぼ消費できず。
家にいて動かないとさほど食べないですよね。
なのにカップ麺はこんなに、
お菓子はこう

他に袋のスナック菓子3つに、ビールもそもそも自分3日でもこんなに飲めないよね?という本数で、これからちまちま消費していきます。

正に日常の中の非日常にドキドキさせられた週末でした。
通常生活に戻るのがあっという間だったので、逆になんだか申し訳なく、被害の大きな所の復旧が早く進めばいいなと思います。
一転曇天の本日月曜は、どうしてもダウンケットを洗いたかったので、コインランドリーで乾燥しながらぼんやり色々考えてました。