温泉とテレビが好きな私の日記

誰かに気を遣うことのない、思った事をそのまま書いてみるところ。タイトル変えました。

「あなたには帰る家がある」 本日最終回!ユースケがどこまで男前になるんだろう!

初回は「テンプレ?」と思った「あなたには帰る家がある」、だんだん楽しくなってすっかり毎週末のお楽しみ。
とにかく俳優さんが上手いから!
途中を引っ張ったのはなんといっても木村多江演じる綾子のメンヘラぶり。
たおやかな容姿と完璧な嫁という一見男ウケのいい様子についふらっといった玉木宏演じる秀明に勝手に運命を感じて思い込み、ドンびく秀明の様子すら気にせずほぼストーカー。こういうのはホンットに木村多江が上手すぎて怖い💧心当たりのある人にはホラーだろうけど、他人事ならめちゃくちゃ笑えるし。
しかし、普段溜め込んだ不満を黙々と肉や野菜にぶつけて大量の手料理作るけど、あんな怨念こもった料理おいしいのか?(笑)

そして基本顔と優しいのだけが取り柄の秀明の情け無さをこれでもかと出してくる玉木宏がまた滑稽で。こういう役は男前がやるから面白いよね。

一方でモラハラ夫であるユースケ演じる茄子田は、裏を返せば不器用で一本気という「あれ?もしかしていい人?」「生きるのが下手なとこがかわいい?」という面を出してきて、さらに綾子をひたすら愛している一途さも出して逆転してくる。それを演じるユースケがまた上手いしなぁ。

そして振り回される中谷美紀演じる真弓が、あーいるこういう人って感じで。基本姉御肌なので結局周りのダメな人を見捨てられない。
とくに茄子田には「うん、それはぐらっとくるね」とよくわかる。

このところじっくり感想書く余裕がなかったけど、この4人の芝居だけで見る価値あるドラマだった。
今日の最終回、どう落とすのか楽しみだなぁ。

ううう、ヤバイ……

毎度の事だけど仕事がヤバイ💧
何度も何度も「今回こそは本当にヤバイ」と思ったことあるけど、今回こそ本当に最上級な気がする…。
気持ち悪い、吐きそうだ。

あーツラい。旅に出たい。
本気で逃げてやろうかな。謝るのは自分じゃないし(笑)

なんかTwitterの調子が悪い……

ツイッター、自分でつぶやくことはほとんどないんだけど検索はよくしてる。
自分であれこれ思っても感想書くのが追いつかないので、感想タグ検索して「ふふっ」て思ってるのが楽しい。

なんだけど、少し前からちょっと調子が悪い。
検索しても少ししか遡れない。なんでだろう?
パソコンから見るとそんな事無いけど、スマホからだとすぐ止まってしまう。20ツイートくらいしか見れないのだ。
カーネーションなんて放送時間に見れないから、夜遡るのが楽しかったのになー。
このところ、ツイッターの色んな不調をつぶやく人を見かけて「自分のはなってないけど何が違うのかな?」と思ってたけど、全員出てる不備じゃないから難しい。
それともスマホ本体が不調なのかな?
あまりに見れないので、一旦アプリ削除してみたけどやっぱり変わらない。
まあ、もう少し様子見てアップデート待とうかな。

星野源のオールナイトニッポン、来週ゲストはディーンフジオカ

昨日は星野源オールナイトニッポンはお休み。
このところ、休みとか収録とか遠くから放送とか、ありありと忙しそう。「疲れた〜」のひとことも多くなってるしなぁ。
時代劇はねー、時間もかかるしロケが遠方になりがちだしそりゃ大変だ。
密かに期待してるのはピエール滝が出るかしら?ということ。こないだラジオで「今時代劇の撮影はしてて」って言ってた。星野源の映画だと嬉しい。まあ、NHK BSとか時代劇いっぱいあるから多分違うでしょう(笑)
それにしても6月でこれって大丈夫なのかしら?
7月ドラマには出演予定ないし、10月ドラマを期待してるんだけど、今年はないかなぁ?
年末にはまた歌番組ラッシュだろうしねー。

あと「アイデア」はいつ解禁になるのかしら?まだラジオでもかけてないけど、朝ドラ放送後とか決まってるのかな?
すっかり鼻歌で歌えるくらいに聴いてるので、早くフルで聴きたいなー。主題歌には罪はない(笑)

さて、来週のラジオのゲストはディーンフジオカ!これは珍しい。わりと当たり障りないゲスト出演でしか見かけない人だから、なかなか面白そう。先週の宮野真守もそうだけど、星野源オールナイトニッポンはゲストにある意味親しい人しか来ないから、普通におしゃべりが楽しい。内容とかより楽しそうな感じに癒される。
先日ラジオ番組ゲストに出た赤江さんが、産休中、子供と一日中2人で追い込まれたときにラジオのどうでもいいおしゃべりに救われたと言っていたけど、その気持ちすごくわかる。夜中にどーでもいいことを楽しそうに喋ってるの聴くと癒される。
そういえば初めて一人暮らししたときずっとテレビをつけていたのは話し声を聞きたかったからだ。音楽じゃなくて。あのときなんでラジオを聴く事を思いつかなかったのかなー。
わりとどこでもキチンとした顔で対応しているディーンフジオカを星野源がどこまで緩ませるのか楽しみだな。

しかし、ディーンフジオカと高橋一生星野源が同じ歳とかやっぱ面白い。
後の2人も結構好きだけど、やっぱり星野源がいいなぁ。なんでだ?(笑)

「シグナル 長期未解決事件捜査班」最終話 とにかく、坂口健太郎の成長が素晴らしかった

今期は途中脱落したり、見ようとして撮りたまってたりというドラマが多かった中、毎週ドキドキしながら楽しんでいた「シグナル」最終話まで全部見ました。

ちまたでもかなり言われていますが、終わり方がちょっと謎。基本的には元になった韓国版と同じ結末だそうなので、この辺は好みの違いなのかしら?結末に限らず普段よく見る事件物と違って新鮮な点がいくつかあって、そこがまた面白かった。

過去と通信できる無線機というめちゃくちゃチートな武器を手にしていながら、現代の三枝も過去の大山もびっくりするくらい活用出来てない。やっと繋がっても感情的になって騒ぐばかりで情報のやりとりが全然出来ないのがしょっちゅう。最近の刑事ドラマは謎解き役が優秀なのが基本なので、このポンコツぶりが逆に面白い。「おいおい、早く情報言っとけー!」と突っ込みつつも、彼らが頼りないが故にハラハラして目が離せない。うん、新しい(笑)
紅一点桜井は流石に吉瀬美智子、スッとして凄く出来そうにカッコいいのにこれまたそうでもない。そのメイン3人のスーパーじゃないっぷりがいい塩梅なのだ。結局それで最終話までひっぱられてしまったしね。

8話で初回からチラ見せしてきた最後にしてとおしのメインエピソードのパーツが出揃う。
三枝の兄亮太が主犯として逮捕された集団暴行事件。それに関わって大山は失踪したこと、黒幕には中本管理官がいること、三枝と大山が引き合わされることになったのはこの事件のためだったことがわかる。
少年院からでたその日に自殺した亮太、18年経っても行方不明なままの大山を助けるために三枝は過去を変えようと動くが、事件に関わっていた岩田課長が殺された容疑をかけられてますます追い詰められる。

ドラマなんだから最後には三枝が黒幕を追い詰め、大山は生きて現在を迎えるんだろう、でないと成り立たないし!と思いながら見ていても、いったいどうやって逆転するのか?とハラハラしてしまうくらい容赦ない展開だ。
特に、渡部篤郎演じる中本管理官がもう清々しいほど悪役でねー。渡部篤郎楽しくて仕方ないんだろうなと。

最終話、結局亮太を助ける事はできなかった。しかし、自殺ではなく中本管理官に罪を被せられたまま殺されたことに気づいた大山は桜井から忠告を受けたのにも関わらず自分が殺されるはずの事件現場に向かい中本達と対決する。一方三枝は中本に消されようとしている証人を追い撃たれて死亡する。
しかし大山が仲間に連絡をつけていた事で助かり、そして未来が変わり三枝は変わった未来で眼を覚ます。
そこでは三枝は未解決事件捜査班の所属ではなく桜井とも接点はない。しかし会いに行った桜井は三枝のことを覚えていた。
この未来では中本、大山共に行方不明、しかし大山からの郵便物が届いていることで、どこかで生存していることは確か。三枝と桜井は改めて大山を共に探し、そしてどこかに隠れているらしい大山の姿が映される。

勧善懲悪、スッキリ解決じゃないのが、モヤっともするんだけどある意味新鮮で面白い。
最終話前までも、汚い権力者というのが何人も出てきているのだが、結局その連中はそのままその地位にいるのだ。
そして何より中本管理官は大山殺害を失敗し逃走してそのまま、悪役に報いを受けさせるというシーンが無い。
そして大山に好意を持っていて何かを伝えていた桜井に「戻ったら答える」と言っていた大山と、最後に再開して大団円!になるかと思いきやそれもなく、大山は生きてはいるけど行方不明。中々この展開は日本のドラマでは無いよなぁと思う。韓国ではこういうのもありなのかと面白い。

そして無線機とタイムパラドックスについて、ドラマ内で設定はもちろんあるんだろうけど、それを決して説明せず、三枝と大山が使うことでだんだん理解していくのと合わせて視聴者にも分からせてく方法を最後まで貫いたのが良かった。桜井が無線機を使ったことで、無線機に触った人間だけが変わった過去と未来の記憶が残るのだと言うこともわかる。
チートと思わせて、結局歴史の大きな流れは変えられない。亡くなった誰かを助ければ、代わりの誰かが死んだり、結局助けられない人も多かった。最終話、早い段階で結局亮太が殺されたのはその象徴だ。三枝も大山も結局は無力だ。それでも、1人でも助けよう、事件を解決しようと足掻くことでほんの少し変わる。
メイン3人はみな1度は死んだのが、他の努力でなんとか変えられた。巨悪は倒せていないけど、まだまだこれから未来があるから希望があるかもしれないと、少しだけど明るさの見えるラストはじわじわと効いてきてなかなか悪くない。

今回は何より坂口健太郎がどんどん良くなっていったのがまたいい。
そんなに興味ある俳優さんではなかったのだけど、これからの出演作もチェックしてみようかなと思えた。
続き物は厳しいご時世だそうだけど、こういう「次どうなるの?」と先が気になるドラマはやっぱり楽しかったです。

本日の温泉

日付け変わりましたが日曜日、ちょっと久々に温泉行ってきました。
今年は同じところばかり行ってるのでどこか目新しいところないかなぁとアプリやガイドブックで調べこちらにしました。

天然温泉 七福の湯 戸田店(埼玉県戸田市

千葉、埼玉の日帰り温泉施設はリゾート感よりは街中のショッピングモール併設という感じの立地が多いから、わざわざ時間かけて行くのもなぁと思うけど、ここはナビで検索してみたら意外と遠くなかった。
川口市との市境にあって、ララガーデン川口というショッピングモールのすぐ近く。裏には大きなマンションという想像通りの立地。

建物は中々綺麗。去年リニューアルしてるそうだ。
シューズロッカーの鍵がそのまま館内での精算用キーになって、精算も最後に機械でやるという効率的なシステム。

入館料は休日で870円。この辺ではお手頃な方かな。別料金でチルジルパンスパがあるけれど今日は様子見なのでお風呂だけ。
食事処に畳の寝転び処、キッズスペースに癒し処と一通り揃ってる。

到着は1時半過ぎ。ほどほどに混んでる。
さて、浴室へ。
脱衣所ロッカーは180センチくらいありそうな高いタイプ。島の所は低めで上に物が置けるタイプが多いから珍しい。三段ロッカーがあって所々は二段まとめて大きいのになってる。
浴室の洗い場は数もそこそこ。シャワーはナノテクパワーの水なんだそうです。街中の日帰り温泉施設の割に広々としてる。
内湯は温泉のあつ湯、温泉薬湯、ナノ炭酸風呂、ジェットバスが色々、サウナが熱サウナと塩サウナと2種、露天がつぼ湯に天然温泉浴槽が2つ。温泉薬湯と露天の一つはぬるめでテレビがあるのでダラダラ浸かってしまうなぁ。

泉質は
ナトリウム一塩化物温泉(弱アルカリ性低張性温泉)

塩分はあるけどそこまでキツくはないかな。

で、ここで疑問が。ここにした理由の一つにガイドブックで源泉掛け流しとかいていたから。
ポスターやのぼりにも「源泉掛け流し100パーセント」と書いてるんだよね。
うーん、だけどどの浴槽にも源泉掛け流しとは書いてないし、露天の所には「循環、加温しています」と注意書き。うーん???
出てから店員さんに聞いたら、露天のテレビのある浴槽が源泉掛け流しだと言われたんだけど、とてもそういう感じじゃないんだよね。もしかして源泉100パーセントのことを掛け流しと勘違いしてるのかなー?
まあ、そんなモヤモヤはあれど、温度がぬるめからあつめまで色々あって中々気持ちいい。特に温泉薬湯は薬湯の香りもして良かった。

さてお風呂上がりに遅めのお昼。
メニューの数も多いし、季節メニューもあって中々よさげ。

タッチパネルで注文、ロッカーキーのバーコードで精算。
まずは当然。

飲んじゃったけど(笑)

春メニューのえびアボカドサラダ

あさりの酒蒸し

さわらの白醤油焼き定食とフグの唐揚げ

春メニューの桜そば。そば湯もついてる
クラフトビールがあったので2杯めはこれ

496にしてみた。

なんか全体的に悪くはないけどなんか惜しい。そばが茹ですぎだったりとか、いまいち足りないんだよね。ビールの注ぎ方はまあまあ。
近くにいた60代と思われるおじさんの二人連れがピザを頼んで切りながら食べてたのでなんかかわいいなぁと思ってみてたら、そのあとラーメン3杯きて2人で一杯半づつ食べてておいおいと思いました(笑)
食事処としての雰囲気はいいと思う。

食後、再び浴室行ってのんびりぬる湯。
広めでゆるゆるくつろげる。
休憩スペースが少なめだけど、チムジルバンスパに入ればくつろぎスペースやコミック読み放題もあるようなので、1日いるのも良さそう。
中々楽しかったですね。

かつての人気脚本家って、そんなにありがたがらなければならないものなのかしら?

毎日毎日ネットでも話題になっている「半分、青い。」ですが、自分は日々耐性がついてきて、イラつくより半笑いの日々です。

で、ネットニュースでこんなのが。

半分、青い。』、脚本家北川悦吏子がネットの噂を完全否定!律復活希望も殺到

なんでも大脚本家北川悦吏子氏がツイッターで「あの、『半分、青い。』ネット上で出回っている、この先のストーリーは、あまり真に受けないでください」とおっしゃってるそうで、信者の方々は「鈴愛と律を一緒にしてあげてー」と盛り上がってるとのこと。
いやね、この記事見ると脚本家が根も葉もないネタバレを否定したみたいにとれるけど、実際にはNHKの公式ページでかなり詳しいあらすじが載ってるのだ。そんなとこまで書いてるの?と思うくらい。つまりNHK側と脚本家で話が通っているはずのことなのだ。それに文句をつけるとか、いったいなんなんだろう?いったいNHKはどこまでこの教祖様を野放しにしとくのかしら?

かつての人気脚本家って言ったって20年以上前のことだ。同時期にブレイクした脚本家で今でも一線の人達がいるのに比べると最近は全くパッとしない。
そもそもこの人との契約に守秘義務とか結んでないの?今時はどこも情報漏洩には神経質だから、SNSの扱いとかはキチンとするはずでは?NHKとかそんなにこの人には気を遣わなくてはいけないの?なにか弱味でも握られてるのかしら?ふつーに不思議なんですよ。

そういえば先週、このドラマに経済評論家(だったかな?)の時代考証の人がついているそうで、その人の記事を見たのでビックリした。
時代考証ついてるの⁈これで‼︎
いや、だって今日の話で92年にボクテが電話で投資信託の勧誘受けてましたけど?そういうの疎い自分でもなんだそれ?と思いましたよ。

今日のロンバケもどきはもう、過去の栄光にすがるしかない教祖様がイタイなぁとしか思わないけど、日々垂れ流される脚本家の狭い視野による偏った価値観がしょーもなくてねぇ。
壮大な自慰行為だとどこかで突っ込まれていて、本当にそう思うのだけど、NHKはそれをこの人に許さなきゃならないくらい立場弱いのかしら?
NHKって、人気のキャスティングや話題のネタに頼らないいい企画のドラマをなんだかんだで作り続けているから面白いと思っていたのに、この炎上商法はいったいなんなのか?
志尊淳なんて「植木等とのぼせもん」「女子的生活」とか、このところいい仕事をたくさんしていてのってるなぁという時期だったのに、まさかの偏見に満ちたテンプレご都合ゲイ役とか黒歴史過ぎる。

なんかなー、なんかなー(笑)