温泉とテレビが好きな私の日記

誰かに気を遣うことのない、思った事をそのまま書いてみるところ。タイトル変えました。

ついつられて「しゃべくり深イイSP」でコシノヒロコの密着を見てしまった(笑)

いや、普段どっちの番組もあまり見てないですけどね、「コシノヒロコにバラエティ初密着!」というのにまんまとつられました!

カーネーションクラスタとしてはね(笑)

月曜分の「カーネーション」見る前に、まずはこちらを見なくては!と思ってしまいました。

 

朝ドラでブームができると民放が乗っかってくるのはよくあるけど、まさか再放送にまで乗っかってくるとはなぁ。

ブルゾンちえみのブレイクでジュンコさんが話題になったのもあるんだろうけどね。

 

ヒロコさんは81歳だそうだけど、とてもそうは見えない。お母さんの綾子さんも92歳の長生きの人だし、身体が強い家系なのね。

さすがに高度成長期からバブルを生き抜いてきただけあって、芦屋に800坪の豪邸とかお抱えシェフとか「マンガか!」といいたくなるようなセレブっぷり。いやー、凄いなぁ。

 

でも自分がウルウルきてしまったのは、9月のだんじりの日に実家であるコシノ洋装店に集まってお世話になった方々にごちそうする所。

あああ〜まさに「カーネーション」ですわー。

今年のだんじりにはヒロコさんとジュンコさんが来ていて、ミチコさんに電話したら「ロンドンに着いたとこ」と言っていて、「これは、オノマチ糸子のラスト回でロンドンの聡子に電話してた図でないですかー!」と思ったらウッときてしまった。どんだけハマってるんだ自分(笑)

 

アーケードにはなってるものの、コシノ洋装店の2階から、ヒロコさんジュンコさんとミチコさんのパネル(笑)がだんじりを眺める様は「カーネーション」でしかなくて、乗っかり企画だろうがなんだろうが「ありがとう!」と思ってしまいました。

もっとも、皆に振る舞うご馳走は東京から寿司職人呼んだりと、レベルが違いますけどね(笑)

 

ドラマの方はまたもゴルフの休止を挟んでゆっくり放送中。

夏木糸子が、身の回りのやもめの旦那さん達の交流会を主催しながら「あの人がまだこの世にいるなら、こんな場があるますように」と思う所にまた涙。

誰もがもう名前をわざわざ出さなくても周防さんの事だとわかる。

糸子らしくキッパリ終わらせ二度と会わなくても、ずっとずっと思い続ける。

男前だねぇ。

 

終わりも見えてきた「カーネーション」。頼むから一気に放送してくださいよー。

「黄昏流星群」 いやー、さすがに古さを感じるなー。そして、1番ウケたのはますだおかだ(笑)

ドラマ化発表されたとき「えー?今⁉︎」としか思わなかった。

なぜ今「黄昏流星群」?

 

むかーし、原作を読んだことがある。買ったのではなくて、どこかお店とかに置いてた物だと思う。ドラマのあらすじを見ると、おそらく 1巻の最初のエピソードだ。読んだ記憶がある。

そもそも短編連作なので、とても連ドラになる長さではないと思ったら、別の話かオリジナルなのか、かなり足されるらしい。

どうやるんだろう?

 

そんな好奇心のみで見てみた感想は、

「古い💧」

そもそもの原作がバブル期なんじゃないかと思うけど、この銀行の出世争いの話って今やってもなー。

ちょうど前クールに「ハゲタカ」「ラストチャンス」と銀行員物だったけど、みんな戸建に住んで奥さん専業主婦だったわー(笑)

でも、左遷された事を妻に言えないとかってもう古くないか?そういう時代じゃないしねぇ。

 

そんな中1番ツボったのは、佐々木蔵之介が社内の研修で久々にあった同期の役でますだおかだ増田英彦が出てたこと。

実際に大学出て入社した広告代理店で同期だったってのは有名な話だよね。

そこ狙ってきたのかー、うん、頑張るとこ違うよね(笑)

 

結局そこが1番印象的だったという(笑)

佐々木蔵之介の設定の50歳のサラリーマンの人達でも心情に同意出来なそうな気がするけどどうだろう?

そもそも弘兼憲史って団塊の世代なんだっけ?ちらっと見るどの漫画でも男女の関係の描き方が「なんかなぁ?」というとこが多くて、でもあれだけ売れてるって事は、自分が受け入れられないのは世代も性別も違うからかなと思ってた。

今回の佐々木蔵之介黒木瞳を部屋に招き入れてすぐさまキスをしたとことか、凄く弘兼憲史っぽいなーと思ったなぁ。このガツガツした描写って弘兼憲史によくあるけど、男性からしたら「うんうん、わかるー」って感じなんだろうか?

原作はさすがによく出来てて、読むと先まで読んでしまう力はあるんだけど、好きかっていうと「うーん…?」と思ってしまう。だから自分で買った事はないんだよね。好みではないかな。

 

一方、妻の中山美穂の方も、大学出てすぐ結婚出産してずーっと専業主婦で娘離れできてないという設定だけど、だから一昔前じゃない?

しかも若いイケメンと恋に落ちるとか、今やるネタなのかなぁ?

以前、小泉今日子主演のドラマで黒木瞳が同じような役やってた。娘の婚約者に惚れられるというとこまでおんなじ。

女性として見てもさーっぱりワクワクしませんが(笑)

 

結局、なぜ今「黄昏流星群」なのかがよくわからない。

視聴率取るためにドラマをリアタイする率の高い4〜50代を狙ったってことだとしても、そもそもその上向けの原作だし。

そして若者を呼び込む気は一切なさそうだしなー。

本当によく出来たドラマって、ターゲット世代以外が見ても充分面白い。自分も子供の頃大人のドラマを見て「おお〜」って思ってたし。

なんか、そういうのを見たいんだよねー。

ターゲット絞らなくても面白いドラマ。

まあ、難しいのはわかるんだけどねー。

 

 

 

「カーネーション」 115話〜 127話 オノマチさん、お疲れ様でした。いい糸子を見せてもらったなー。

聡子が「もう淋しい…。」と言う衝撃のセリフと共に遂に参戦。

どんなにテニスを頑張っても、全国で優勝しても、皆に構ってもらえない。姉達の部屋で仕事をする姉の姿を見て、常にミシンのそばにいる母を見て、この家族の一員でいるためには「家業」である洋裁に関わるしかないのだと、あっさりテニスを捨てる聡子。

色々と重い。「2代目」とか「二世」とか、そういうのに関わりのない生まれの人間からすると、レールが敷かれてることへの羨ましさがあったりするけど、「そんな甘いもんやないでー!」と言わんばかりの「カーネーション」。

若い才能である娘達に追われる糸子のしんどさ、1番近い人間がライバルという苦しさを抱える娘達。どんな世界でも突き詰めるのは苦しい事だ。

 

それでも、「家族っていいなぁ」と思えるほっこりシーンがあるからこのドラマは楽しい。

ソリの合わなかった姉の助けに泣いてしまうくらい弱ってたくせに、優子がそつなく店を回せばそれはそれでイラつく直子。

そして糸子の店でがっつり鍛えられて「無敵の外面」を武器に自分の道を見つけていく優子。

客がいないのを確認してから直子をどつく優子に爆笑して何度も見返してしまった。うんうん、たくましくなったなぁ(笑)

 

聡子の淋しさを知り流石の糸子も反省したのに、3日で洋裁学校辞めたいと言いだしキレかけさせる聡子と止めに入るおかーちゃん。

かつての糸子とおとーちゃんの間に入ってたようにおかーちゃんが入るけど、さすがに対応に余裕がある。もうずーっと家族の間をもつのはおかーちゃんがやってくれてたんだもんね。おかーちゃんが影の大黒柱だった。

そういうちょっとしたとこで小原家の歴史を思えるのがホント嬉しいなぁ。

 

娘達がどんどん成長する一方で、50を前に引き際を考え続ける糸子。

糸子がおとーちゃんを超え呉服から洋服に進んだように、3人とも洋裁の道に進みながらも糸子を軽々と追い越していってしまい、看板を譲るタイミングを外してしまう。

あー、親子関係の喜びと辛さ。いや、糸子は元々後継いでほしいとは思ってなかったから辛いだけ?いやいや、親として子供の成長は嬉しいよね。

安岡のおばちゃんのとこで泣いてるのには笑ったけど(そりゃー、糸子だって甘えたい時はあるよね)、娘達の前ではカッコつける糸子が、本当におとーちゃんの娘だなぁとうなづいてしまう。陳腐な言い回しですが、確かに糸子の中におとーちゃんがいる。

俳優さんが演じる以上顔は似ていないのに、糸子の行動や口調や表情や、あちこちにおとーちゃんを感じさせる。こんなホームドラマ今まで見た事あったかな?

尾野真千子も凄いし脚本も演出も凄い。あー、凄いとしか書けない語彙力の無さが悔しいくらい、これは正に家族の物語でもあるんだよね。

 

糸子が老いを感じ始めるように、上の世代も確実に老いていく。安岡のおばちゃんの人生も終わろうとしている。

糸子とは色々あった。けれど乗り越えてまた誰よりも近しい、親のような友人のような大切な人だ。

そしておばちゃんの中でけして戦争は消えなかった。いや、おばちゃんだけでなく戦争を乗り越えてきた人々皆の中で戦争の記憶はずっとくすぶっている。

終戦から25年経っておばちゃんは気づく。勘助がなぜあんなになってしまったのか。

「やられた」のではなく「やった」事に勘助は耐えられなかったのだと。

 

一方で糸子に周防の妻の死が知らされる。

原爆の後遺症を抱えておそらくかなり不自由な生活をしてきただろう人が25年経って亡くなる。周防にとっても妻にとっても戦争の傷はずっと続いていた。

戦争が終わって、景気も良くなって、食べ物にも困らなくなった。でも戦争があった事は変わらなくて、時々顔を出す。

戦争がどれだけの事を残していくのか、終わったらおしまい、ではない事を当たり前に入れてくるのがリアル。これはきっと震災でも何でもそうなんだ。傷はずっと残る。立ち直るのと忘れるのは違う。きっとずっと忘れる事はない。でもそれを抱えて立ち上がって進む。

糸子もそういうものを全て抱えたまま、あのパワーで進むのだ。

 

周防が1人になった事を伝えようとしても伝えられない北村。ずっと糸子の側にいて思いが伝わっているのかいないのか。

組合長から周防が長崎に帰ることを聞き「淋しないんでしょうか?」とぽろぽろと涙を流す糸子。

ああ、糸子のなかではやっぱり周防さんの事は消えていなかったなぁ。本当に人生で最初で最後の恋だった。糸子自身が年を重ね身の振り方を考え続けていたからなおさら刺さる。

 

北村からのプロポーズ代わりの東京行きの誘いを悩む糸子。

みな東京を目指すけどそれがそんなにおもろいのか?おもろいかもしれんけどそれはまるで新しいゲームで、それははしんどい。ただ洋服を作りたかっただけなのに、洋服もゲームになってしまった。

思い出す根岸先生の言葉。「本当にいい洋服は人に品格と誇りを与えてくれる。人は品格と誇りをもって初めて希望を持てる。」

モードの流れの速さについていくしんどさをこぼす糸子に怒り出す八重子さん。

八重子さんがもってきたのはかつて安岡美容室を立ち上げた時に糸子が作った制服。その制服に希望と誇りをもらった、おかげで生きてきたと怒る八重子さん。

 

ああ、八重子さんはいつも糸子の道を教えてくれる人だ。決して押しが強いわけでもなく普通の女性だけれど、モードというものを教えてくれて、安岡のおばちゃんのあいだをもってくれて、戦争で夫を亡くし働いて家族を支える母親同士として、いつも糸子の仲間でやさしいお姉さんだった。またこうして糸子の迷いをふっとばしてくれる。本当に糸子にはいい人達がたくさんいる。

 

そしてまただんじりの日がくる。

テレビで紹介されたとかで、だんじりを見にたくさんの人がやってくる。

もうすぐ人生の終わるおかーちゃんの前にはおとーちゃんも。

糸子は岸和田に残ることを決める。自分の宝は全てここにあると。

周りの大好きな人達が1人1人人生を終えても、娘達が巣立っても、みな糸子のそばにいるから大丈夫。失くさない。抱えていきていくのだと。

ああ、男前やなぁ、糸子。

糸子の人生はだんじりとともにここにある。糸子のだんじりはミシン。ミシンとともに岸和田で生きていくのを決めたのだ。

そして 12年が経ち、オノマチ糸子から夏木糸子に変身していった。

 

あー、尾野真千子、最後までかっこよかったなー。

初回の子役の時も、オノマチ糸子の最終日も、いつもだんじりだ。

自分は新興住宅地育ちなのでこういう祭りが中心にある生活がよくわからないけれど、長く続く祭りがどれだけ拠り所になるのかと思わされる。ちょっと羨ましい。

戦争を挟み、辛い事も苦しい事も色々あったけど、楽しい事も幸せな事も沢山あって、その根底にはだんじりとミシンの支えがあって、なんだかんだとやりたい事をやれてきた。

だから糸子は言い訳もしないし他人のせいにもしない。自分のやった事は自分で責任を取る。

だからかっこいいし、娘達も母親である糸子に認められたかった。

ステキだなぁ。

 

夏木マリに交代し、娘達若い世代を残してみないなくなった。

隠居を考えた時もとうに過ぎ、こうなったら行けるとこまで糸子は行くんだろう。

糸子がやり遂げるのを我々視聴者も見届けなくては!と思わせる俳優交代で、悪くない。

放送当時この交代が色々言われたようだけど、自分は最後までついてくよー!

 

が、またもゴルフで休止かー……。

どうにかならないものですかねー💧

 

ああ、10月が半分終わってしまう〜💦

いやいや、どうしよう!土日過ぎたら月曜は15日だし!10月半分終わるよー💦

仕事はもちろん、その他もろもろ何にも終わらなーい。ううう。

しばらく帰りも遅いので7月ドラマも見終わってないし。あー、ゆっくりテレビ見たーい。

だから朝ドラはいいよね。朝チラ見して、夜見直すにしても髪乾かしながらとかで見られるし。 15分で区切れるのも助かる。だから朝ドラがハマるかは大事!(笑)

あとは放送ある日は「カーネーション」見るから、それ以上はキツイんだよー。

だから一時期はほとんど連ドラ見てなかったんだよね。その頃はたまにアニメ見てた。30分だし。

それが「逃げ恥」のおかげですっかりテレビっ子復活だわ(笑)

 

あー、それにしても仕事終わらないんですけど💧

慣れない仕事なので残業しても集中続かないし、基本会社の人を信用しないことにしているのでね。はかどらないんです💧

明らかに疲れ方が前と違うんだよなぁ。慣れるまでかかりそうだ。ううう。

オヤツとコーヒーばかり増えていって、そして体重もヤバイ。寝不足だしなー。

一体何をやってるんだとふと思います。

あー、ダラダラテレビ見て、ぐだぐだまとまりのないドラマ感想を書きたいよー!(笑)

 

「獣になれない私たち」第1話 あああ〜、ガッキーのメンタルが振り切れそう……💦そして野木亜紀子に一生ついていく‼︎

今期期待度ナンバーワン(自分調べ)の「獣になれない私たち」、いよいよ10月10日10時にスタート‼︎

もうね、仕事終わらないんですけどね、何が何でも今日は10時前には帰るぞ、絶対リアタイするぞーと楽しみにしてましたよ!

 

始まるなり、次から次へとトラブルが起き端から片付けに追われる、ガッキー演じる深海晶。

当初はふふっと笑えるトラブルだったのが、だんだんシャレにならない感じになってきて、晶の顔が険しくなってくる。

もうね、職場で起こるトラブルオールスター戦でしたね!

見てるこっちもしんどくなってきて、「これはー、メンタルやばいんじゃ…?」と思ったところの大逆転。

晶ちゃん、グレたー(笑)

 

おお〜っっ、面白かった〜‼︎

終わりまで身動きせずに真剣に見てしまったわー。

晶がビール3杯煽る時には泣けてしまったよ💧

 

そして、野木亜紀子、やっぱり凄ーい!もう一生ついてくよー‼︎(笑)

 1話にこれだけの情報を入れてきて、しかも内容がわかりにくいところも無い。

あらゆる今正に旬な問題を取り上げながらも、笑わせて緩めるとこは緩める技。プロだわー。

タイトル前の会社の様子ですでに胃がキュッとなる。ワンマン社長のシステム開発会社。どこの業界でもこのくらいの規模でこういう状態の会社あるよね。

そして晶みたいに断れず何もかも引き受けてしまう人ってのもいるんだよねー。

その晶の性格が家庭環境のせいだろうというのも納得。そこまでを 1話で明かすのがすごい野木亜紀子らしい。

とにかく、キャラクターの中で1番普通でいそうなのが晶なのが上手い。もう見ていてきっと皆、晶の気持ちになって辛くなっていた。それからのラスト、好感度を捨て着たい服を着て出社する晶の姿の爽快さ。気持ち良かったー‼︎

けど、サングラスとか必死でかけて気持ちを保つとこが可愛すぎる。

ああいう性格が洋服のようにすぐ変わるわけにはいかないから、まだまだ色々あるんだろうけど、この視聴後感の良さはいい!

まだ水曜日、自分も晶と同じように頑張ろうって思うよ!うん。

あー、絶対毎週リアタイしよう!

 

相手役、松田龍平演じる根元恒星は今回は顔見せくらい。とりあえずめんどくせーのはわかった(笑)

本当にこの2人がラブになるんだろうか?野木亜紀子だからなぁ〜。どう持っていくのかワクワクする〜。

 

田中圭演じる晶の恋人花井京谷。うん、こいつ1番やばいよね。

田中圭のソフトで人当たりいい感じを全面に出してきておいて、元カノを居候させたまま晶と4年も付き合ってて、しかも隠してないとか頭おかしい(笑)その状態で晶を母親に紹介できるとかどんだけ鋼のメンタルなんだよー!

 

で京谷の母親、田中美佐子演じる花井千春。

ただの良くいる当たりはいいけどちょっとウザいおかーさんかと思いきや、絶賛介護中。

色々深いかも。京谷を飛ばして晶と仲良くなれるのかな?

 

そしてねー、なによりガッキー、可愛すぎる〜💦

すらっとして脚長くて、指も手も美しい〜!!!

同僚役の伊藤沙莉ちゃんがバランス取るためか 10センチはありそうなヒール履いてるのにさらに高いガッキー。ステキ……。

 

そして、やっぱり「普通」を演じさせてこんなに上手い人、中々いないよー、うんうん。

 10代の頃のギャル役以降はルックスのせいか、基本明るくて性格の良い役が多いけど、それが全部演じ分けられるの凄いよ。

今回も始まってすぐ、「あー、ガッキーじゃなくて晶だわー」と思った。

普通に立って普通に笑っても、笑い方がもうみくりさんでも今日子さんでももちろんガッキーでもないんだよね。

叫んだり怒鳴ったりというのは割と皆さんやれるけど、こういう上がり下がりの少ない中をちゃんと差別化出来てるんだもの。素晴らしい〜。

演技の進化を気づかせない普通さ。すごくないかー?

 

そしてとにかくハズレが1人もいないキャスティング、なんて贅沢♫

全員上手いという視聴者に優しいドラマいいよねー。下手なキャストがあるとそこで我に返ってしまうんですよね。

 

しかしまあ、こういう役をガッキーに書く野木亜紀子が黒いなぁ(褒めてます)

色々良くない噂もある事務所の看板女優、どこに行ってもスタッフから共演者からの評判も満点。

忙しすぎて闇発動とかいう記事書かれていたりとか、完璧すぎて心配になるくらいのガッキーは正に晶そのものに見える。

少しくらい楽になっていいんだよーガッキー、とこのドラマを見て思ってしまった自分は、もう野木亜紀子の術中にハマっているんだなー(笑)

 

いや、ホント、これから3ヶ月、ガッキーが幸せになるよう見守ってるよー!

…じゃない、晶ちゃんね(笑)

 

そして、夜ドラ受けする有働さん。

大丈夫⁉︎有働さんにも結構来そうな内容ですよー💦

 

 

おまけー

晶のオアシスはクラフトビールのお店。

ついでなので、最近撮っても上げるタイミングを忘れていたビール画像を。

クラフトビールじゃないけどね(笑)

f:id:mokamaru:20181011022352j:image

秋ビール色々。好きなんだけど、もうコンビニに秋味置いてないよー💦
f:id:mokamaru:20181011022356j:image

色々出すなぁ。至福の深みの方が好みだった。

 

追記

タイトル含め、6回も「野木亜紀子」と書いておいて字が間違ってました。こらこら。

「あきこ」って名前知り合いにも多いけど、漢字のパターンが多くて間違いがち💦すみません。

早くスマホの予測変換「のぎあきこ」で出るようになって欲しいなー。

来年はドラマやるよね?星野源……。

月いち放送の「宮藤官九郎オールナイトニッポンGOLD」、先週5日金曜に放送があったので、タイムフリーで聴いてました。

映画の宣伝に阿部サダヲがゲストで登場。

あまりバラエティ的トークが上手い人ではないのでテレビのトークでは固さがあったりしますが、さすがにクドカンのラジオとあって、めちゃ砕けた素のトーク

なんでも以前出た時は酔っ払って登場してヤバいことを言い放ったらしく、クドカンがあれこれ釘をさす。

いやー、楽しそう、仲よさそう。

阿部サダヲが帰った後、「そういえばこの後は阿部さん『いだてん』なんだよねー」とクドカン。そうかー、後半の主人公だからまだ撮影入ってないのかな?

 

で、思い出しました。

先週の「星野源オールナイトニッポン」で、スペシャルウイークのゲストが生田斗真と発表してた時、「なんの宣伝も無く来てくれるんだよー。あ、『いだてん』があるか。来年だけど」と言ってたんですよー。

で、ちょっとヘコむ。

クドカン脚本だし期待してたんだけど、やっぱり星野源は「いだてん」出演予定は無いのかなー?

まあ、後半のキャストはまだこれから発表するものもあるだろうけど、今の星野源なんて、もし出るなら早く発表して宣伝に使うよねー。

うーん。

 

何しろ、10月期のドラマが全部発表されてがっかりしたのだよー、星野源出なくて。

3年続けて10月期のドラマに出てたから今年はどうかなぁ?と。

うん、わかってますとも、今は「ミュージシャン 星野源」を売らなくては!という時期なのも、無理させてもダメなんだろこともね。

もちろん来年の映画は見に行くけど、今年はドラマ無かったかー……。

忙しいのはわかるけど、「いだてん」出て、クドカンのラジオにゲストで出て欲しい。

まあ、阿部サダヲのようにはいかないだろうけど。

ドラマやってくれー💦

昨日買ったマンガ

Twitterで見て発売されてるのは知っていたのだけど、なぜか本屋で見つけられなかったのでやっと買えた。

f:id:mokamaru:20181007223329j:image

「月影ベイベ」が終わって、待望の新連載。テーマは陶芸。

この人の作品はどこかの地方を舞台にしてることが多くて、その空気感が好きだ。

月刊誌なのでどうしても出るのがゆっくりなのがもどかしいけど、じっくりまちましょう。