読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モカの日記

誰かに気を遣うことのない、思ったことをそのまま書いてみるところ。

逆になぜ今、星野源にハマったんだろう

ハマってみてよくよく考えて見ると、星野源は私的なツボが満載だ。

ルックスもキャラクターも仕事ぶりも。

星野源の存在は8〜9年前から知ってはいたし、結構好きかもと思っていたのに、何年も『結構好き』だったのが、なぜに今更?

 

考えてみたら簡単なことだった。

『俳優  星野源』をガッツリ見たことがなかったんだな。

 

会社でいつもJ-waveをかけているので、SAKEROCKのころからミュージシャンとしては知っていた。

ソロデビューしてからはアホみたいにJ-waveでかかるのでシングル曲ならカラオケうたえんじゃね?ってくらいには知ってた。

J-waveってのは、お気に入りミュージシャンはホントーにうんざりするくらいかけるので、1日会社にいるだけで、押してる曲は4〜5回かかったりする。それでお腹いっぱいになるくらい。「くだらないの中に」なんて当時かかるたびに同僚がイラついてたしな。

星野源以外なら、セカオワとかサカナクションとかSuperflyとか(笑)

ただ、私はそんなに音楽興味ないんだよ。

 

それにくらべたら、ドラマは好きだ。

ウォーターボーイズやタイガー&ドラゴンは好きなドラマだったけど、さすがに認識はできてなかった。しかたない。

『俳優  星野源』を初めて認識したのは、深田恭子主演の『未来講師めぐる

クドカン脚本だからその流れで出てたんだろー。

くだらない(褒めてる)コメディで、ひたすら深キョンの可愛さを愛でるドラマ。

その中で星野源は同僚で深キョンに気がある塾講師、江口秀夫、通称エロビデオという役だった。

基本ハイテンションでわーわーやるキャラだけどなんかこの人いいなって印象に残ってた。

舞台系の俳優さんはこういう盛り上げ役の脇キャラに配役されること多いけど、それがやり過ぎず、加減が程よくて上手いなぁって。

 

その次に『11人もいる!』に出てるの見たけど、これはドラマに挫折したので、体育座りしてたような‥‥くらいしか思い出せない。

 

その後は病気したりで地上波ドラマにほとんど出てないから見る機会がなくて、私の認識では星野源はミュージシャンがメインと思っていた。

 

LIFEも番組は知ってたんだけど、ウッちゃんのお笑いがあんまり好みじゃないので、チラ見しただけ。NHKのコント番組ならサラリーマンNEOが好きだった。

 

で、『コウノドリ』のころはドラマ見る余裕が無くて出てるのも知らず、

昨年真田丸にどハマりして、秀忠のキャスト発表で「へー意外な人選だけど、面白そう。さすが三谷さん!」と思っていた。

 

真田丸では期待通り、いー感じのボンクラぶりを演じてて、やっぱりこの人上手いなーと思ってたけど、そう出番は多くないからね。

 

逃げ恥にしても、9月までドラマがあるのも知らず、『ガッキーのコメディやるんだー?、掟上今日子良かったし、ガッキー可愛いし見ようかな。星野源相手役なんだ?そんなメインでドラマ出たりするんだ知らなかった、けっこう好きかなー』

という程度の気持ちだったのよー。

 

そう、逃げ恥は『俳優   星野源』との本当の出会いだった。

エロビデオみたいな、コメディリリーフでですら、いい印象を残し「演技上手い人だ」と思っていたけど、よーく考えてみたら逃げ恥はほとんど初対面だった。

雷に打たれてしまったよ(古い💧)

 

しかしまあ、私の星野源体験歴が

エロビデオ→秀忠→平匡さんだもんな。

どんな振り幅?

そりゃ平匡さんが衝撃なわけだよ(笑)