読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モカの日記

誰かに気を遣うことのない、思ったことをそのまま書いてみるところ。

根津甚八

年末、根津甚八が亡くなった。

69歳というのは微妙な年齢だ。

「若すぎる〜」と嘆くほどでもないけど、「よく生きた」って程でもない。迷う。

身体悪くしていたようだし、仕方ないのだろうけと、訃報というのは誰の話でも何となく滅入る。

 

特別ファンというわけでもない。

黒澤映画は見たことないし。

ただいつもこの人の名前を聞くと思い出すドラマがある。

子供の頃、NHKで見た「もどり橋」。

今だにたまに思い出す。

 

主役は樋口可南子。舞台は京都。小学校教師で、酒グセの悪い父親と二人暮らしの教え子をきにかけている。

ある日その父親が亡くなり、一人ぼっちになった少年がもどり橋を渡ると、心は少年のまま父親の姿になり、憧れていた教師のところへ会いに行く‥‥という話。

父親の役を根津甚八がやっていた。

 

まあ、よくあるといえばよくあるファンタジーなんだけど、すごく印象に残ってる。

根津甚八によく振られているダメな男の見た目のまま、中身は少年なのが印象強かったんだろう。

最後は哀しい別れになるのもパターン通りなんだけど。

 

根津甚八をちゃんと見たのは、これとキンキ剛くんの父親役(これもダメ男)くらいしか思い出せないけど、それでもこれだけ何十年も印象には残っているのなら、

俳優さんってのはいい仕事だよなぁ。