温泉とテレビが好きな私の日記

誰かに気を遣うことのない、思った事をそのまま書いてみるところ。タイトル変えました。

新曲「まちがいさがし」 本日配信開始 菅田将暉の魅力はやっぱり声!

先日、菅田将暉オールナイトニッポンに米津玄師がゲストで登場、新曲がフル解禁されて以来待ちに待ってました。

本日「まちがいさがし」配信開始〜!
わー、やっと好きなだけ聴ける〜♪

最初聴いた時からハマって、ラジオでかけたのをタイムフリーの時間いっぱいまで繰り返し聴いてましたよ。
すごくいい〜!

まず何と言っても菅田将暉の良さって声だと思うんですよ。
初めて仮面ライダーWで見た時、かわいい顔に似合わないドス効いた声がとても印象に残っていて、ドラマで見かける度に「声低いなー」と思ってた。
オールナイトニッポンが始まってからほぼ全部聴いてるけど、よく噛む割には通る聞き取りやすい声だなぁといつも思う。

このところ音楽活動に力を入れていて、シングル何枚も出しアルバムも出しているけど、全部は買ってない。
ハマる曲とそうでないものがはっきり分かれるんですよ。
何でだろう?と思ってたけど、それは多分、菅田将暉がやっぱりミュージシャンではなくて俳優だからなのかなと思った。
例えば星野源だと、どんな曲でも「星野源の曲」って感じがちゃんとする。
それはもちろん自分で作ってアレンジまでしてるのがあるけど、歌自体も一貫して星野源だ。
それに比べて菅田将暉は曲ごとの印象が結構違う。
曲を提供してるのがクセのあるミュージシャンなのもあると思うけど、それぞれの曲を演じてる感じで、だから曲ごとの印象がかなり違う。
自分の感じでは、菅田将暉がこうやりたかったんだろうなと感じる曲よりも、菅田将暉にこう歌わせたかったんだろなと感じる曲の方が良さが出てる感じで好きだ。菅田将暉には申し訳ないけど(笑)

プライベートでも友人の石崎ひゅーいの「さよならエレジー」が凄く好きですが、今回のやはり個人的にも親しい米津玄師もいいよねー。
前に一緒に歌った「灰色と青」も一時期それだけを延々と聴いていた。
その時ラジオにゲストで来て、確か面識ないうちに菅田将暉に歌ってほしいとオファー出したと言っていた。

米津玄師は昔ボカロPをやっていたのは自分の曲は女性が歌った方がいいかもと思ったから、というインタビューを読んでなるほどなーと思ってた。
今回の曲は1度書き上げてから「これは菅田将暉が歌う歌なのか?」と考えて作り直して予定より遅れたという話をしてたように、その歌い手にその曲というのを突き詰めてる。
まちがいさがし」をかけて「いい声だなー」と言っていたのだけど、確かに菅田将暉の声にとてもあっている。
米津玄師が入れたデモではサビは裏声になってたのを、菅田将暉は普通の声で歌ってそこがいいと言っていて、「うん!わかる」とうなづいてしまった。
今の菅田将暉の良さを最大に引き出していて、サビでいつも菅田将暉の顔が浮かぶ。
それでいてもちろんドラマの内容にもちゃんと合っていてまあ当然だよ、米津玄師。
菅田将暉」の活かし方を分かってる感じだ。

俳優で「俳優は素材」という人がいるけど、その通り、菅田将暉は米津玄師にとって素晴らしい素材なんだなーと。
けれど、素材で終わらないのは菅田将暉自身の存在感なのかな。
「3年A組」はドラマとしての出来は「う〜〜ん??」というものだったけれど、菅田将暉の芝居だけで最終回まで引っ張ったのと同じ。
俳優としての菅田将暉は面白いなぁ。

なので「まちがいさがし」はとても好きな曲なのだけど、ライブに行きたいとは思わない。
けれど菅田将暉の舞台は見てみたいなーと思う。菅田将暉のセリフを生で聞いてみたい。
まあ、チケット取れなそうだけど。
とりあえず「まちがいさがし」は声が好きです。